WWW を検索 このサイト内 を検索


着物ライフ応援館のショッピング

きもの・和裁 用語辞典 や/ら行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 や 】 ,
八重山上布・
 やえやまじょうふ
麻織物の一つ。琉球諸島の最西部、八重山諸島の石垣島等に産する上布の総称。平織りの盛夏用高級地である。戦後派生産が減少している。
矢絣・やがすり 弓矢の羽根が描かれた、絣柄のこと。
八つ橋織り・やつはしおり 絹織物の一種。縦方向と横方向の綾目の部分を上下、左右交互に市松状に配した織物。
市松は一般的に正方形だが、長方形や大小を組み合わせたり、自由な市松風の柄である
柳織り・やなぎおり 絞りの一種。柳のような柔らかな線模様を絞り染で表したもので、巻き絞りの一種。浴衣や兵児帯に用いられている。滝絞りとも言われる。
 【 ゆ 】 -
有職文様 平安時代以降、家格や伝統に相応して、公家の装束や調度品に付けたとされている文様のこと。立涌紋、亀甲紋、石畳紋、七宝紋などが代表的。
友禅染め・ゆうぜんぞめ 宮崎友禅斎が創始したと伝えられる染色法で、色彩的な染模様である。
日本の染めの代名詞ともいえる。
桁・ゆき きものの背縫いの最上部から、肩先を通り袖口までの丈をいう。
油単・ゆたん タンスや長持ちなどに、覆いかける布のこと。一般的に木綿地の萌黄(もえぎ)や浅葱(あさぎ)、紺などの地に、松竹梅・唐草などを染め抜いたものが多い。
湯通し・ゆどおし 湯通しとは織物を温湯の中に通して、製織中についた糊を取り除くとともに、布地に光沢とやわらかさを与えるための工程。
湯のし・ゆのし 湯のしとは布地をやわらかくするためや、しわやちじ縮を伸ばし、
布幅を一定にそろえるために、布地を蒸気の中にくぐらせる工程。
弓浜絣・ゆみはまやすり 綿織物の一種。鳥取県米子市弓ヶ浜一帯で織られている藍染めの趣のある絵絣。
 【 よ 】 -
楊柳縮緬・ようりゅうちりめん 縮緬の一種。緯糸に片撚りの強撚糸を用いて織り上げると、縦の方向に同じように柳の葉のような不規則な形のシボが現れる。同類に楊柳御召がある。
緯糸・よこいと 織物の横方向の糸。
四つ身・よつみ 三歳から九歳ぐらいの子供用のきものの仕立て方。身丈の四倍の布地で、身頃を裁つことからいわれる
撚糸・よりいと 単糸を幾本か合わせて撚った糸の総称。糸を撚る回数によって、甘撚糸・並撚糸・強撚糸とよばれる。
四丈物・よんじょうもの 一反は着物一枚を仕立てるのに必要な長さで、三丈物(鯨尺で三丈)と呼んでおり、裾回し(八掛け)を共布で作るときや振袖用はもう一丈必要とするので四丈物と呼んでおります。
 【 ら 】 -
羅・ら 羅は鳥網を意味し、織物より編物に近い、薄く透けている夏用の絹織物。 経糸を左右の経糸に絡ませて作る。網目状のすき間が多いもじり織りの一種。先染めが多い。 
 【 り 】 -
両面帯・りょうめんおび 表裏両面が使用できる帯。縞や無地の博多帯地、綴帯地などがこれである。
綸子・りんず 綸子とは繍子組織で布の表面に模様を現した、紋織物。経糸で地を、緯糸で地紋を織り出したもの。  縮緬よりも薄手で、手触り良くやわらか。
 【 れ 】
礼装・れいそう 儀礼、または信仰上のことから着用する晴れの服装。冠婚葬祭や宮中の儀式などに用いる服装で正装、準礼装、略礼装などの個別がある。
 【 ろ 】 -
絽・ろ 独特の透き間のある夏用の生地。素材は絹・綿などさまざまで絽縮緬・絽綴れなど織り方のも多い。 羅や紗ほど透けないが薄くて軽い最も代表的な夏生地。
ろうけつ染め 布に蝋(ろう)で模様をかき、染色後に蝋を取り除く技法。ジャワ更紗のバチック染めは代表的なものである。
六通・ろくつう 六通とは女帯の柄付のことで、六尺通して模様をつけた帯のこと。
参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行


▲上へ戻る