WWW を検索 このサイト内 を検索

   きもの・和裁 用語辞典 た行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 た 】 -
太鼓・たいこ 帯を締めた時、後で作られる形をいいます。やや正方形になります。何故、太鼓と呼ばれるか語源は分からない。
伊達衿・だてえり きものの二枚重ねを略して、衿の見える部分だけ二枚重ねて、あたかも二枚重ねて着ているように見せるために用いた衿のこと。重ね衿ともいう。
伊達〆・だてじめ きものを着るときに着くずれを防ぐために、長橋祥などの上に締めるもの。
足袋・たぴ 足を覆い包む和装小物。靴下のようなもの
短冊布(たんざくぬの) えもん抜きの別名。きものの衿を胸で合わせる部分や、衿の首の後ろで抜く部分をいう。
反物・たんもの 反物・たんもの
 【 ち 】 -
縮・ちぢみ 強く撚った糸を使って織ることにより表面にしぼのある織物。絹・麻・綿など素材もさまざま。 表面に凹凸があるため肌触りが良い夏用の生地。
昼夜帯・ちゅうやおび 表と裏が違う布でつくられている、つまり昼と夜が合わさっているという意味。
縮緬・ちりめん 緯糸に縮緬緯といわれる強撚糸を用いて、これを右撚りと左撚りの交互に織り込み、製織後に温湯の中で揉みながら糊を抜くと、撚りが戻ろうとする力が発生して、右撚りの糸は左、左撚りの糸は右に分かれて、表面にしぼが現れる

スポンサーサイトのリンクです。<(_ _*)>

 【 つ 】 -
対丈・ついたけ 首から足首まで、調節無しで着られる着物。お端折りがありません。男性用がそうです。女性用でも沖縄の着物は対丈のものがあります。
作り帯・つくりおび 結ばずに最初から帯の形に作られている帯。
付下げ・つけさげ 絵羽ではないが、きものに仕立て上がったときに、模様が肩山・袖山を頂点に   して前身頃・後身頃の両面に、上向きに配置されるように染め上げたもの。
付下げ小紋・つけさげこもん 地あき(無地の部分)が多く、ごく少ない柄を付けたもの。小紋に近い感覚のきものを「附下小紋」と呼びます。
付け比翼・つけひよく 比翼仕立てを簡略化したもの。二枚重ねの下着のまわりの部分だけをつくり、きものの裏に縫いつけ、見た目には二枚重ねのようにしたもの。現在の黒留袖は、ほとんどがこの方法を用いている。
綴織・つづれおり 図案を織機の経糸の下に置き、図案通りに彩色の緯糸を、一本一本織り込んでいく技法である。綴ともいう。
角だし・つのだし 帯結びの一種。帯枕を使わず手、という太鼓の中で横に渡してある部分がやや多く出ているのでこの名がある。別名、銀座結びとも言う
紬・つむぎ 経糸・緯糸とも真綿から手紡ぎした紬糸を用い、手織機で念入りに織り上げた平織の織物。
 【 て 】 -
手織・ており 動力を用いた織機ではなく、手織機を用いて手と足の力だけで布を織ること。または、織り上がった布のこと。
手描染・てがきぞめ 筆や刷毛を用いて、染料で直接布地に絵模様を描いて染めつける方法。
 【 と 】
胴裏・どううら 袷のきもののハ掛の部分を除いた、胴の裏部分のことをいう。
飛び柄・とびがら 帯揚げなどに飛び飛びに配置してある模様。着物でもまれにある。
留袖・とめそで 既婚女性の正式礼装で、無地裾模様・染抜きの五つ紋付である。江戸襖ともいう。
緞子・どんす 繻子織りの組織で織る、模様のはっきりした絹織物。先染めの場合が多いが、後染めの生地もある。 光沢があり手触りが柔らかい。帯に使用することが多い
参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行



  仕立て・加工・メンテナンス
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り

ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工