WWW を検索 このサイト内 を検索

     きもの・和裁 用語辞典 さ行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 さ 】 -
佐賀錦・さがにしき 江戸時代に佐賀藩で織られていた、手織りの錦織。
先染め・さきぞめ 織物を織る前に原料糸を、精練・染色してから織ること。あるいは、の織物のこと。
鮫小紋・さめこもん 江戸小紋柄の一つで、鮫のうろこのように、いちめん小さな点で染め抜きした小紋。
更紗・さらさ 南蛮から渡来した模様染めの綿布で、草花模様や幾何学模様を、総柄で捺染したものの総称。
三尺帯・さんじゃくおび 子供用の兵児帯のこと。
三分紐・さんぶひも 三分紐とは幅が三分の細いタイプの帯締めで、帯留めでおしゃれをするときに使うもの
 【 し 】 -
塩沢紬・しおざわつむぎ 新潟県塩沢町付近で生産されている御召風の紬。
塩瀬・しおぜ
平織りの絹織物で「塩瀬羽二重」ともいう。「塩瀬」は地名ではなくその語源は不明。
厚地でパリッとしているが、しなやかなので帯に仕立てると締めやすい。
扱・しごき 扱帯の略で、一幅の布を並幅のまま、縫わずにしごいて締めるのでこの名がある。江戸時代には抱え帯といい、お端折を止めるために腰に締めていたが、明治以降は腰紐が用いられるようになり、扱は装飾用に変わった。現在は、花嫁衣裳や七五三の女児の祝い着に用いる。
仕付け・しつけ 本縫いでなく、縫い目や折り目を固定するために、仮にとじたり押さえ縫いをしておくこと。
シボーしぼ 強撚糸を用いた、織物の布面に現れた、波状のしわのこと。しぼは、強撚糸の収縮を利用して、製織後にしぼ寄せをすることによってできる
絞り染・しぼりぞめ 布の一部を糸でくったり、縫い締めたり、板ではさんだりして防染して染液に浸すと、その部分だけが染まらないので模様として現れる染色技術法。
績・しま 線で構成する模様の総称。
地紋・じもん 地紋・じもん
紗・しや 緯糸一本打ち込むごとに、二本の経糸を交差させた織物である。盛夏用の着尺地・羽尺地として、用いられる。
紗袷・しゃあわせ 紗を二枚合わせた着物。薄物の季節の前、6月に用いる。
無双の着物とも言う。
紗紬・しゃつむぎ 紗紬とは玉糸(節のある糸)を使い平織りの透ける絹織物を総称して言います。涼やかに透けている紬です。
繻子・しゅす
経糸と緯糸の組織点が一定の間隔をあけて配置されている織物で素材はさまざま。やわらかく肌触りが良いが、糸が長く浮くので摩擦に弱く擦り切れやすい。 ビロードのように滑らかで光沢がある。
襦袢・じゅぱん 和服用の下着。長襦袢・半襦袢・肌襦袢などがある
上布・じょうふ 主に夏季用の着尺地として用いられている。 細く上質な糸で織った麻布で、高級品だが普段着・街着用。絹糸でまねて織ったものを、絹上布とょんでいる。
白生地・しろきじ 染色加工をしない、白地のままの織物。
 【 す 】 -
裾回し・すそまわし 袷長着の裾裏布のこと。ハ掛ともいう。
裾よけ・すそよけ 腰に巻きつけてまとう、いちばん下に着る下着。  腰巻ともいう。
 【 せ 】 -
全通・ぜんつう 帯の柄付けの一種で、帯の端から端まで表面全体に、模様が織り出されている。
 【 そ 】 -
総柄・そうがら 生地全体に模様をおり、または染め出されている柄付けのこと。
総絞り・そうしぼり 絞りだけで模様を現したもの。
袖丈・そでたけ 袖の長さのこと。袖山から袖下までの長さをいう
染帯・そめおぴ 先染の帯に対して、後染の帯のことをいう。
染替・そめかえ 着古して色が退色したもの、好みや年齢に合わなくなったものを、再利用するために、別の色や柄に染め替えること。染め直しと同じ。
染着尺・そめきじやく 織った後に色や模様を染めた着尺地のこと。
 参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行