WWW を検索 このサイト内 を検索

   きもの・和裁 用語辞典 な行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 な 】 -
長板染め・ながいたぞめ 長板染めとは江戸中期から伝わる手染めの技術で、長板と呼ばれる6m50cm程のもみの一枚板に生地を張り付け、精緻に掘られた型で糊置きをし、正藍で染めていくという、手の込んだ作業から産まれる着物。
長着・ながぎ きものの事をこう呼ぶこともある。
流し染・ながしぞめ 水面に染料を流し、これを棒でかきまわしたり、風を送ったりすると水面の染料が動き、曲線が現れる。この上に布を静かに置いて曲線を写し取る染色技法。墨流し染めなど。
長襦袢・ながじゆぱん 上半身だけの半襦袢に対して、裾まである襦袢のこと。
長羽織・ながばおり 丈の長い羽織。中羽織に対する、本羽織の意に用いることもある。
名古屋帯・なごやおび 胴に巻く所から手先まで半分に折って仕立てられた帯。
夏大島・なつおおしま 糸の撚りを強くして、薄地に仕上げた夏用の大島紬のこと。
肌触りのよさが特色である。
斜子織り・ななこおり 経緯とも二本以上の糸をそろえて織るため、織り目が方形で魚卵のように打ち違いに粒だって見えるための名称。厚地で主に帯に用いる。畳織り、バスケット織りともいう。
並幅・なみはば 和服地用反物の普通に用いられている幅で、約36〜38cm。
生紬・なまつむぎ 生紬とは、生糸の精練を途中段階で終わらせて、セリシンという成分を残した糸で織られた紬織物
ざっくりした風合いで夏に涼しく、冬に暖かい。
 【 に 】 -
錦・にしき 複数の色糸を使って模様を表した先染めの紋織物の総称。金襴・唐織などは錦お一種。 厚手で張りがあるものが多い。
二重太鼓・にじゆうだいこ 丸帯や袋帯を結ぶときに用いる代表的な帯結び。お太鼓の部分だけがニ重になる結び方。主に礼装用にしめる。
人形仕立て・にんぎょうじたて 男物長着の部分名称。袖付け止まりから袖下までの間を示す。
女物の振りに当たる部分であるが、男物は開けずに縫い合わせて仕立てる。

スポンサーサイトのリンクです。<(_ _*)>

 【 ぬ 】 -
縫い付け紋・ぬいつけもん 別の布に家紋を描いて切り取り、着物に縫い付ける紋のこと。
張り付け紋ともいう。
縫い取り・ぬいとり 織物の模様を現す場合に、柄を現すために地の糸と別に織り込む緯糸を、幅全体に通さずに、必要な部分だけ通して模様をおること。一見刺繍したような感じの模様になる。
縫い紋・ぬいもん 刺繍で現す紋の事。一般的には略式の紋として用いられる。
一つ紋、三つ紋などがある。
緯糸・ぬきいと 緯糸(よこいと)と同じ経糸(たていと)と直角に組織する糸の事。
抜き紋・ぬきもん 紋を染め抜いて現すこと。正式な紋で礼装用に用いる。
染め抜き五つ紋はこの方法である。
【ね】 .
練・ねり 精練のこと。繊維に含まれる不純物を取り除く方法を総称する。
撚糸・ねんし 糸を1本、または2本以上引きそろえて撚りをかける操作。
または撚った糸のこと。撚りをかける回数によって甘撚糸、並撚糸、強撚糸、縮緬糸などにわけられる。
 【 の 】
熨斗目模様・のしめもよう 江戸時代に流行した着物の模様です。
腰のあたりに太い横のラインを配置した大胆なデザインで、袖の先にも模様がかかっている
覗紋・のぞきもん 紋所の表現形式で、丸や菱の輪郭の下半分に、紋が覗いているように染め抜いたもの。正式ではなく、しゃれ紋として、つける。
参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行