WWW を検索 このサイト内 を検索






当サイト オリジナル♪

http://chokoborinn.sh....

    きもの・和裁 用語辞典 か行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 か 】 -
加賀紋・かがもん  友禅染による粋や伊達を目的とする彩色紋。色つき紋ともよばれている。
加賀友禅・かがゆうぜん 手描友禅の一つで、加賀の金沢でつくられるので、この名がある
額裏・がくうら 男物の羽織裏に用いられる、額面のように風景などを染めたり、織り出した羽裏。
角帯・かくおぴ 幅のせまい、かたい男帯の総称。
角袖・かくそで 丸みのない四角の袖形の、男物のコート。
掛衿・かけえり きものの衿の汚れを防ぐために、あらかじめ本衿の上に掛ける衿のこと。
掛下文庫 帯の結び方の一種。文庫結びの別名
加工着尺・かこうきじやく  染加工をした着尺のことで、丸巻きのままの反物を指す。
重ね衿・かさねえり 重ね仕立てにした衿のこと。 今では、後から衿に色々付け替えれるようになった、衿のことを指す。
絣・かすり 糸の染まった部分と、染まっていない部分とで模様を現す方法。 あるいは、その織物のこと。
肩揚げ・かたあげ 肩山を中心に前身頃から後ろ身頃にかけて縫い摘む揚げのこと。
肩当て・かたあて 単ものなどの衿肩あたりが弱るのを防ぐために、つける力布のこと。 あるいは、単の羽織やコートの肩裏につける、肩すべりのこと。
肩滑り・かたすべり 単の羽織やコートの肩の部分に当てる布。
型染・かたぞめ 型紙を用いて染める方法。
家紋・かもん その家の由来を示す紋である。
貝の口・かいのくち 半幅帯で結ぶ帯結びの一種。昔は、文庫が未婚女性に対して既婚女性が占める半幅帯の結び方。
からみ織り・からみおり からみ織りとは、2本の縦糸が横糸と もじり合ったように絡んで組織された 織り方です。
横糸を縦糸で縛った形になるので、 粗くても目ズレが起きません。 そのため、透かし
目ができて、涼感 のある生地に仕上がります

スポンサーサイトのリンクです。<(_ _*)>

 【 き 】 -
生糸・きいと 蚕のつくった繭から採った繊維で、未精錬の絹糸のこと。
着尺・きじやく きものを仕立てるための一枚分の布地。 普通、幅37センチ・長さ12.5メートルを一反として織り上げたもの。
着尺模様・きじやくもよう 反物全体に一連のパターンが繰り返し模様付けされた物で、一般に小紋と呼ばれています。模様は上下左右関係無く付けられた物や、一方向きのものの他、格子や縞等も着尺模様に含まれます。
着丈・きたけ きものの後ろ中央にある衿つけ位置より裾までの丈をさす。
着付け・きつけ きものを身に着つけること。
吉祥文様・きっしょうもんよう 吉祥とは「良い・兆し・めでたい印」という意味です。「おめでたい」ことを意味する文様のことを吉祥文様いいます。松竹梅・鶴・亀・宝尽くし・鳳凰・龍など
着流し・きながし 着流しとは、男性の羽織や袴をつけない姿をいう。
絹・きぬ 蚕のつくる繭から採取した繊維、およびその織物。
九寸帯・きゆうすんおぴ 帯幅が鯨尺で九寸(34センチ)、長さが―丈三寸(3メートル90センチ)くらいの、女性の帯地の総称
京袋帯・きょうふくろおび 京袋帯とは、形状は袋帯ですが締めた時にお太鼓の部分が袋帯のように二重ではなく
一重太鼓になる長さの帯を言います
京友禅・きょうゆうぜん 京都で生産される友禅染のこと。
金糸・きんし 金箔や金色の金属箔を、絹糸や綿糸に巻きつけた糸のこと。 また、金箔を細く切断して絹糸などに撚り合わせた糸もこれに含まれる。
巾着・きんちやく ロもとに紐を通して縫い絞った形の袋物。
 【 く 】 -
組紐・くみひも 絹糸などの糸束を斜めに交差させて作る紐。大きく分けて丸組・角組・平組の3つがある。
繰越・くりこし 繰越とは長着、襦袢の衿あきを肩山の線より後ろまであけること。
繰越を多くすると、襟足が多くでることになります。
黒留袖・くろとめそで 地色が黒地の留袖。黒地に五つ紋を染め抜き, 裾模様柄である。江戸棲ともいう。
黒共帯・くろともおぴ 喪服用の女帯。 ほとんどが名古屋帯である。
黒紋付・くろもんつき 黒無地に紋のついた、きものや羽織のこと 男子の黒地五つ紋付のきものに羽織袴は、第一礼装である。
 【 け 】 -
元禄袖・げんろくそで 袖の扶の丸みを大きくした袖形のこと
 【 こ 】 -
交織・こうしよく 絹と木綿、絹と化学繊維などを混ぜて繊るもの。
石持・こくもち こくもち とは、紋を後から入れられるように、丸い紋の形を白抜きにして、染め残したものをいう。
腰揚げ・こしあげ きものの丈を腰のところで縫い摘んで調整し、着丈を合わせること。
腰紐・こしひも きものを着るとき形を整え着くずれしないように、あるいは   めに結ぶ、幅のせまい紐のこと。
コハゼ・こはぜ 足袋・脚祥などの合わせ目を留めるのに用いる爪型金具。
小袋帯・こぷくろおぴ 半幅の袋帯のこと。普通の帯幅は、鯨尺で八寸(約30センチ)であるが 半幅帯は四寸(約15センチ)である。
駒組・こまろ こまろとは、駒撚り糸をもちいて、組組織に織った夏物。
子持ち縞・こもちじま やや太い縞柄のそばに細い縞を配した縞柄。
小紋・こもん 小さい模様を同じ間隔で全体に染めてあります。現在では、文様の大小にかかわらず、型染め着尺地を総称していう。
参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社 ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行