WWW を検索 このサイト内 を検索

  きもの・和裁 用語辞典 は行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
 【 は 】 -
羽裏・はうら   袷羽織・袷コートの裏地に用いる布地のこと。
羽織・はおり 和装用上着。きものの上に着る丈の短い衣
羽織紐・はおりひも 羽織の胸あたりにつける紐。
博多帯・はかたおび 博多で織られている帯。黒田家が幕府に献上するために織ったために博多献上とよばれている。
袴・はかま 腰から足までをおおう、ゆったりした衣。
羽尺・はじやく 羽織用に織った反物のこと。
芭蕉布・ばしょうふ 糸芭蕉の繊維を裂き、手で結んだ糸で作る沖縄の夏生地。先染めの絣が多いが、後染め用生成り地も作られている。 強い張りがあり、通気性に優れているので涼しい。
肌襦袢・はだじゆぱん 長襦袢の下に着用し、肌の汚れや汗を取るための和装用下着。
八掛・はっかけ 袷のきものの裾や袖口の裏につける布地。裾まわしともいう。
ハ寸名古屋帯・
はっすんなごやおぴ
幅ハ寸(約30センチ)に製織し、縫製しないで結びの部分のみ折り返してかがった、厚地織の帯。
花筏・はないかだ 散った桜の花びらが帯状に水に浮かんで流れて行くのを筏に見たてた文様のこと。
羽二重・はぷたえ 経緯ともに撚っていない生糸などを使用した、平織の後綾織物のこと
半衿・はんえり 長襦袢の本衿の汚れを防ぐために掛ける衿のこと。
半襦袢・はんじゆぱん 長襦袢の上半分に相当する、体の上半分に着用するもの。
半天・はんてん きものの上に防寒、あるいは職業を表すために着る上着。
半幅帯・はんはぱおぴ 並幅の半分の幅(14〜15センチくらい)の帯。
 【 ひ 】 -
疋一匹・ひき 布の単位で、並幅物の反物二反分の長さを一疋という。
単衣・ひとえ 袷に対する語で、裏をつけず単仕立てにした衣類の総称。
単仕立て・ひとえじたて 裏をつけずに仕立てる方法。夏のきものやウールは単仕立てにする。
一つ身・ひとつみ 産着から、一・二歳の幼児用のきものの総称。   後ろ身幅を並幅一幅で仕立て、後ろ中央に背縫いがないのでこの名がある。
―つ紋・ひとつもん きものや羽織の背に―つだけつける紋のことで、背紋ともよばれる
被布・ひふ 半コートのような外衣。衿肩に丸い小衿を、上下の前身頃に竪衿をつけ、留め具に房のついた飾り紐がついている
比翼仕立て・ひよくじたて きものの衿・裾・袖口・振りなどに、下着の布を重ねて縫いつけ、二枚重ねを着たように見せる仕立て方。
平絹・ひらろ 組織で、からみ織り以外の部分を、平織で織ったもの。
広衿・ひろえり 女物のきものの衿の一種で、普通の衿幅(棒衿)の二倍に仕立て、半分に折って着用する
 【 ふ 】 -
ふき 和服の裾、袖口から、裏布をのぞかせた部分。
袋帯・ふくろおぴ 女帯の一種で、袋のように両方の縁をふさぎ、帯幅に織り上げた帯のこと
プレタの着物 プレタポルテ(つまり既製品、仕立て上がり)の着物
振袖・ふりそで 未婚の女性が着る礼装用の袖丈の長いきもの。
文庫・ぶんこ 半幅帯を使って結ぶ帯結び。後が蝶のような形になる。浴衣などに多くみられる。
 【 へ 】 -
兵児帯・へこおぴ 男性や子供が用いる扱帯のこと。    並幅の用布をそのまましごいて胴のまわりに二回まわし、後ろで花結びにする。
 【 ほ 】 -
訪問着・ほうもんぎ 社交着として、絵羽模様に染めたきもの。
本裁ち・ほんだち 着尺地一反全部を使って大人用きものを一枚仕立てる裁ち方のこと。
参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行