WWW を検索 このサイト内 を検索

    きもの・和裁 用語辞典 あ行



あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行
【 あ 】 -
合着・あいぎ 合着とは、冬物と夏物の中間の時期に着る衣服を総称していう。
合褄・あいづま おくみの衿下上部でのおくみ幅の名称。衿下と衿先の先が合った所。
揚げ・あげ 長めに仕立てた子供のきものを、実際の寸法に合わせて背丈や裄丈を調整するための、摘み縫いの部分をいう。 肩の部分にある揚げを肩揚げ、腰の部分にある揚げを腰揚げという。
後染め・あとぞめ 織り上がった白生地に後から染加工すること。
雨コート・あまこーと 雨の日の外出時に着る、和装用の雨専用の長コートで、防水加工が施されている。
洗い張り・あらいはり きものの洗濯の仕上げ方のことで、解いてから洗濯する方法
袷・あわせ 裏をつけて縫い合わすきもののことをいう。 裏には胴裏と八掛(裾まわし)をつける
アンサンブル・あんさんぶる きものと羽織を同じ布地や柄で仕立てるもの。
行灯袴・あんどんばかま 袴の一種で、マチのない袴のこと。 マチのある馬乗り袴に対する言葉。 筒型の形が行灯に似ているところから、この名前がある。

スポンサーサイトのリンクです。<(_ _*)>

【 い 】
衣桁・いこう 衣桁とは、きものを掛ける和風の家具。 呉服屋の陳列や展示用などに使われる。
居敷当・いしきあて 和裁用語で、単(ひとえ)のきもののでん部の位置に、補強のために裏から縫い付けておく当て布のこと。
色留袖・いろとめそで 黒地以外の留袖の総称。
色無地・いろむじ 黒以外の色の一色無地染のきもの。
色紋付・いろもんつき 一・三・五つ紋などの家紋を付けた、色無地のきもののこと
祝い着・いわいぎ 赤ちゃんのお宮参りの時、着用するきもの。
【 う 】
馬乗り袴・うまのりばかま 馬に乗る時に便利なように仕立ててある袴。 マチの有る袴。
裏打ち・うらうち 布地の裏に布を張り付けること。 絞り染の場合は絞りがのびないように、裏に羽二重を縫い付ける。
裏衿・うらえり 広衿仕立てのとき、衿の裏面に付ける布。
裏地・うらじ 衣服の裏に付ける布の総称。
上前・うわまえ きものを着て前を合わせた時に、上になる部分。
ウール 厚地の毛織物。和服の場合は普段着用に単衣に仕立てる。夏用サマーウールもある
【 え 】
江戸褄模様・えどづまもよう 江戸褄模様とは、きものの模様付けの一種で、紋付裾模様のこと。
現在は、留袖の同意語として使われている。
絵羽模様・えばもよう 模様がきもの全体に絵画的に展開されたもの。 白生地のまま裁断して仮縫いしたものに、絵画のように模様を描く。
衣紋・えもん きものの衿を胸で合わせる部分や、衿の首の後ろで抜く部分をいう。
別名、短冊布とも言う。
衣紋掛・えもんかけ 和服用のハンガー。
衿・えり きものの首のまわりを囲み、前胸元で交差する細長い部分のこと。
衿芯・えりしん 衿の中に縫い込んで型が崩れないように、芯として入れる布のこと。
【 お 】
大島紬・おおしまつむぎ 鹿児島県奄美大島の名瀬市周辺が産地の、絹平織の高級着尺地のこと。
お太鼓・おたいこ 普通の帯結びで結び上げたとき、背中に出る部分
お太鼓柄・おたいこがら 帯の模様づけの一種で、背のお太鼓の部分と前胴の部分だけに、模様をつけた帯柄のこと
お端折り・おはしょり 身丈より長い部分を胴部でたくし上げ、紐で締めて着るが、そのたくし上げた部分のこと。
帯・おび きものの胴部に巻きつけるものの総称。
帯揚げ・おびあげ 帯結びに用いる小物で、女帯を結ぶときに、帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る小布のこと
帯板・おびいた 着付けの小物で、帯を締めるとき胴回りにしわができないように、前に挟む厚いボール紙の板状のもの
帯〆・おびしめ 女帯がほどけないように、帯の上中央に最後に締める紐。
帯締め・おびどめ おび締めに飾るアクセサリー。ブローチのような物
帯芯・おびしん 帯の形を保持するために、帯の表側と裏側の間に入れる布のこと。
帯解・おびとき 子供がはじめて帯を締めるときの祝の儀式。 男児は五歳から九歳、女児は七歳の11月の吉日に行われた。
帯留・おびどめ 平の帯〆に通す、装飾的な飾り物。
帯枕・おびまくら 帯を結ぶときに、お太鼓の形を整える小物。
お召し・おめし  お召しとは生糸を先染めした、しぼのある絹織物。織りの着物の中で格が高い。
 参考文献:「きもの用語辞典」婦人画報社ほか
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や/ら 行