着物のお手入れ方法


着たあとは吊るして、湿気やシワをとってから収納する


1、 着物を脱いだらすぐに衣紋かけや、なければハンガーに掛けて1日吊るしておきます。湿気をとって、シワを伸ばすためです。
ただし、あまり長く吊るしておくと布が伸びて、裾が袋状になったりしますから気をつけましょう。


2、 その間、衿・袖口・裾の汚れがあるようなら、ベンジンやホワイトガソリン(アウトドア用品で売ってます)などを
しみ込ませた布で軽く拭いて置きます。


3、 シワがとれずアイロンをかける場合は、スチームアイロンを使うのは水垂れになったり、着物が縮んだりするのでさけましょう。
ドライアイロンにするか、あて布を使用します。
あまり押し付けたり力を入れ過ぎると、テカリの原因になるので軽くあてます。


4、 綺麗にたたんで畳紙(たとう紙)に入れ収納します。ビニールは空気を通さないので避けて下さい。
畳紙に包んだ着物1枚つづの間に新聞紙をはさんでおくと、湿気とりと虫除けの役目をしてくれます。
新聞紙のインクが防虫に効果があるからです。時々、新聞紙をチェックして新しい物と交換しましょう。




虫干しの仕方


着物の虫干しは、乾燥したお天気の良いを選んでしましょう。
10月〜11月に1回、2月〜3月に1回と、年に2回ほどします。
 ※4月〜9月は、かえって湿気を呼び込みますから、絶対やめましょう。


窓を少し開けて風を通した部屋に着物を吊るします。半日くらいで良いでしょう。
畳紙を開いて畳んだまま置くだけでも良いそうです。途中で1度、着物をひっくり返すといいですね。



虫害と予防


衣類につく害虫の種類は二つに大別することができる。

ガ類…イガ,コイガ、モーセンガなどで成虫になるとガになって飛び廻ることが特長。
甲虫類…ヒメマルカツオブシムシ,ヒメカツオブシムシなどで成虫が甲虫になって飛翔するのが特長である。

これらの害虫は,卵→幼虫→蛸→成虫→産卵と一定の期間に規則正しく、この四過程の周期をくり返す。
この周期の状態は虫の種類によづて異なり、また成長過程によっても食べるものが異なるが衣類を食べるのは、
いづれも幼虫期にあたる。

幼虫期の活動は、3月〜l1月で特に湿度の高い6月〜10月が最も盛んである。
虫害といえば大部分が羊毛製品を対象とするもので,その他の繊維製品に対しては,それほど著しい虫害はみられない。
羊毛製品はタンパグ質で構成茫れているうえに柔らかく、幼虫の食料として好適である。
同じタンパク繊維でも絹製品に対する虫害は非常に少ない。




防虫剤


 防虫剤には三つのタイプがある

1, 忌避剤(樟脳・ナフタリンパラジクロールベンゼン)
 薬剤から発生する蒸気の臭気を害虫がきらって近づかないようにするもの。

2, 防食剤(オイラン,ミッチン,ディルモス,ピレトリン)
 薬剤を繊維に付着させ,繊維を少しでも食べな害虫を中毒死させてしまうもの。

3, 接毒剤(DDT・BHC)薬剤に触れた害虫は脳を侵され死んでしまうもの。
 防虫剤のガスは空気より重いので容器の上部に置くと全体にガスがよく行きわたる。
 防虫剤は一つの容器に一種類だけを使い,2種類以上の併用は絶対に避ける。
 樟脳は絹、ナフタリンは木綿、パラジクロールベンゼンは毛織物に適する。







  仕立て・加工・メンテナンス
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り


ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工
 

 

上に戻る>>