帯締めと帯揚げの結び方


このページは帯締めと帯揚げの綺麗な結び方をご紹介します。
むやみやたらと結ぶのではなく、基本を把握して丁寧にむすびましょう。
帯締めは平組、丸組など形の異なる種類がありますが、どれも基本は同じです。
帯揚げの結び方は基本結びの他に、振袖や留袖のときに用いる
「山結び」「一文字結び」などがあります。

帯締め特集
帯揚げの特集(和装小物)


1、左右の帯締めの長さを同じにしましょう。

2、 着物の合わせかたと同じように、左側つまり
上前側が上になるように交差して一度結びます。


3、 上になっている帯締めを折って、結び目に重ねて
輪を作り右手で押さえておきます。

4、 左手で下にあった帯締めを上げます。この時結び目を
   押さえていた手を、右手からこの左手に変えます。
   あいた右手で上に上げた帯締めを輪の中に通します。

5、 右手で結び目が緩まないように押さえながら、
輪になっている帯締めを左手で引き、
左右をしっかりと締めます。

6、左右の先端を脇に挟み込みます。
   この時ふさが上になるようにします。


1、左右の長さを同じにし、脇から先端に向けて
綺麗に帯揚げを三つ織りにして持ちます。

2、着物の合わせかたと同じように、左側つまり
上前側が上になるように交差して一度結びます。

3、上の帯揚げを真下に下ろし、結び目をしっかりと
押さえ、下にあった帯揚げを輪にして
その輪に通します。

4、上の帯揚げが動かないように綺麗にして、
右そして左の順で静か引いて軽く締めます。
ぎゅっと締めてはいけません。

5、先端はかさばらないように、折り曲げたり
丸めたりして、帯と着物の間に入れます。

6、結び目の中心を帯の中に入れますが、
好みでのぞかせる分量を調節して下さい。


-----------------------------------------------------------------------------------
  仕立て・加工・メンテナンス (楽天市場)
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り

ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工
 


上に戻る>>