本文へスキップ

着物の格づけ

着物の種類と格づけplan

着物は素材や柄ゆき、そして紋の数などでTPOが変わります。また、未婚・既婚用の区別がある着物もあります。
素材や色や模様のつけ方などの違いで、名称がついています。
日本人が考え出した伝統として場所にふさわしい着物を着るというのがあります.
正装 礼装 おしゃれ着 普段着 といったような着物の格づけがあります。

黒留袖 ミセスの第一礼装
黒地の着物に五つ紋を入れ、裾に模様を描いた祝儀用の着物。
裾の文様は年代や個性で選びますが、位置が低いほど年配向けになります。

結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性など
色留袖 ミス・ミセスの 第一礼装
(正式は五つ紋)
無地の着物に裾模様を付けた祝儀用の着物。紋の数で格式があります。

五つ紋つきで黒留袖と同格。結婚式・披露宴に出席する親族の女性。宮中に参内・叙勲式 。
一つ紋/三つ紋つきは、披露宴に出席する主賓、親族の女性。格式ある祝賀会、茶会、パーティー。宮中園遊会 。
振袖 スの第一礼装
華麗な文様で袖丈も長い着物。袖の長さで大振袖・中振袖・小振袖の種類に分かれます。

大振袖は、花嫁のお色直し、成人式、卒業式、結婚式 披露宴、表彰式、新年会、初釜などの 改まった式典やパーティーなどで着ます。
 中振袖・小振袖は初釜やパーティ十三参りの少女に最適です。
訪問着 ス・ミセスの略礼装(紋をつけると準礼装)
絵羽模様の着物。全体もしくは肩、裾、袖にと繋がった模様があるのが特徴です。通常は仮仕立てをした状態で、販売されています。そして表地と同じ生地の八掛けがついてます。

披露宴、結納、表彰式、茶会、お見合い、パーティー、年賀、改まった訪問など

付下げ 略礼装
訪問着と似ていますが、付け下げの特徴は、左右の身頃や肩から袖の柄が、必ずしもつながっていないことです。現代は、着てゆける場所が訪問着とあまり変わらず、親しみ安さから人気があります。

披露宴、結納、表彰式、茶会、お見合い、パーティー、年賀、改まった訪問など
色無地 略礼装(一つ紋)
準礼装(三つ紋以上)
   
用途によって着分けることができる、利用範囲の広い1色染めの着物。紋の数、合わせる帯や小物で祝い事、慶事にと使い分けられます。茶席では1つ紋の色無地を着ることが多く、茶人には欠かせないきものです。五つ紋は、非常に改まった式服になります。三つ紋は、無紋の訪問着より格が上の準礼装一つ紋は、1つ紋つきの訪問着より略式になります。

入学式・卒業式・七五三・茶席など、地味めの色で通夜・法事なども。
黒喪服 喪の第一礼装
黒一色の地の着物に、染め抜き日向五つ紋をつけます。喪服の格はきものだけでなく、帯の色の組み合わせで決まります。
@黒喪服に黒喪帯A黒喪服に色喪帯
B色喪服に黒喪帯C色喪服に色喪帯 の順で略式になります。
追)色喪服とは抑えた色の無地や、柄の小さな地味な小紋など


葬儀・告別式の喪主、家族、参列者。
小紋 お洒落着
繰り返し模様の型染めの着物。洋服で言えばシルクのワンピース感覚。素材は縮めん・綸子・ときには紬地にも染められます。裃模様の江戸小紋や加賀小紋は、1つ紋を付ければ格があがり色無地に準じるきものになります

初詣、同窓会、友達との食事、観劇、月釜の茶会・・・等 堅苦しい席じゃないけど、ちょっとお洒落したい時と、便利な着物です。
紬(つむぎ) 普段着・お洒落着
ときには準礼装
「紬を着こなしてこそ、着物好き」といわれる、お洒落な着物。通常、糸を染めてから反物を織る、織り柄の普段着用の着物ですが最近は後から柄を染める「後染め」のものや、訪問着形態のものも出回り、普段着からお洒落着、さらに社交着という広がりのある着物になりました。

普段着、ちょとした外出、柄によりパーティー、年賀、改まった訪問・・・等
浴衣 普段着・お洒落着
夏のくつろいで着る家庭着、夏祭りや納涼などに用いられている。
長板染めなどの上質な浴衣は、襦袢等をしっかりと着て足袋をつければ外出着として用いられるものもある


家庭着、寝巻き、夏祭りや納涼、質によりちょっとした外出