「恋の歌」 百人一首


「百人一首」には、素敵な恋の歌がたくさんあります。
是非、声に出して読んでください。
目で読んだだけの時には味わえなかったイメージが
浮かんでくることでしょう。


恋する切ない気持ちは昔も今も変わらないんですね・・。
ごゆっくりご覧下さい。



 百人一首・後編「季節の歌」はこちらから

            
難波江の
 蘆のかりねの
  ひとよゆゑ
 みをつくしてや
  恋ひわたるべき     
 
皇嘉門院別当 この蘆の根のひと節のように短い、一夜かぎりのあなたとの恋。あの難波の海のみおつくしのように、この身をつくしてあなたを恋し続けるのでしょうか。
夜もすがら
 もの思ふころは
  明けやらぬ
 閨のひまさへ
  つれなかりけり     
 
俊恵法師 ひと晩中来ないあの人のことを思っていると、なかなか夜が明けなくて..。朝の光が差し込まないこの戸のすき間さえつれなく感じるなあ。
やすらはで
 寝なましものを
  小夜ふけて
 かたぶくまでの
  月を見しかな     
 
赤染衛門 今夜来るとおしゃっるから月が傾くまで待っていたのに..。来ないと分かっていたならこんな思いをせず眠れたのになあ。
有馬山
 猪名の笹原
  風ふけば
 いでそよ人を
  忘れやはする     
 
大弐三位 有馬山の猪名の笹原に風がふくと,、そよそよ音を立てます。そう、お忘れになったのはあなたのほう・・。わたしがどうしてあなたを忘れるものですか。
明けぬれば
 暮るるものとは
  知りながら
 なほうらめしき
  朝ぼらけかな     
 
藤原道信朝臣 夜が明ければ、やがて日が暮れてまたあなたに会えると分かっているのに、やはりうらめしく思えるあなたと別れなければならない明け方だなあ。
かくとだに
 えやはいぶきの
  さしも草
 さしも知らじな
  燃ゆる思ひを     
 
藤原実方朝臣 あなたがこれほど好きだというのに言えないでいます。言えないからあなたはそうとも知らないでしょうね。ちょうど伊吹山のさしも草のように燃えているこの思いを。
みかき守
 衛士のたく火の
  夜は燃え
 昼は消えつつ
  ものをこそ思へ     
 
大中臣
 能宣朝臣
宮中の門を守る兵士達がたくかがり火は、夜燃え上がり昼になると消えてしまう。それと同じようにわたしの恋心も夜は燃え上がるが昼は消え入るばかりに打ち沈んでいる。
わたの原
 八十島かけて
  こぎ出でぬと
 人には告げよ
  あまのつ舟     
 
参議篁 大海原に浮かぶ島々を目指して私の舟はこぎだして言ったと、都にいる恋しい人に伝えておくれ。漁師の釣り舟よ
君がため
 春の野に出でて
  若菜つむ
 わが衣手に
  雪は降りつつ     
 
光孝天皇 あなたにさしあげようと思って、春の野に出て若菜(春の七草)をつんでいると、わたしの着物の袖に、雪がしきりに降りかかることですよ。
有明の
 つれなく見えし
  別れより
 暁ばかり
  憂きものはなし     
 
壬生忠岑 あなたとお別れした暁の空に有明の月が浮かんでいます。それからというもの暁ほどつらく思われるものはなくなってしまいました。
みかの原
 わきて流るる
  いづみ川
 いつみきとてか
  恋しかるらむ     
 
中納言兼輔 みかの原を分けるように、湧き出て流れるいづみ川。その『いつみ』と言う言葉のように一度も逢ってないのにうわさだけであなたに恋してしまった。
わびぬれば
 今はたおなじ
  難波なる
 みをつくしても
  あはむとぞ思ふ     
 
元良親王 あなたとの恋のうわさが世間に知れ渡ってしまった。こんなに思いやむなら、身を捨てたも同じ事。難波の海のみおつくしのようにどうなってもかまわないからあなたに会いたい。
忘れじの
 行く末までは
  かたければ
 今日をかぎりの
  命ともがな     
 
儀同三司母 「いつまでも、忘れないよ」とおっしゃるあなたのお言葉が、将来も変わらないとは、とても信じられません。それならばいっそこの幸せを胸に、今日を限りに死んでしまいたい・・
名にし負はば
 逢坂山の

  さねづずら
 人に知られで
  くるよしもがな     
 
三条右大臣 「逢って一緒に寝る」という名前をもつ逢坂山のさねかずらよ。その名の通りなら、さねかずらのつるをたぐるように、人に知られないで、あなたの元に行く方法があればよいのになあ・・
あしびきの
 山鳥の尾の
  しだり尾の
 長ながし夜を
  ひとりかも寝む     
 
柿本人麻呂 恋しいあの人と離れて一人で寝るのは寂しい。山鳥よおまえも一人寝か。それにしてもおまえの尾は秋の夜長と同じようにながいなあ。
あふことの
 絶えてしなくば
  なかなかに
 人をも身をも
  うらみざらまし     
 
中納言朝忠 もしあの人と愛し合うことがなかったら、かえってあの人のつれなさや、我が身の辛さを恨んだりする事もなかっただろうに・・
風をいたみ
 岩うつ波の
  おのれのみ
 くだけてものを
  思ふころかな     
 
源重之 風が激しいので、岩に打ち付ける波が砕け散ってしまう、それと同じようにあの人がつれないので、私だけが心もちぢに砕けるほどに、もの思いをするこのごろだなあ・・
浅茅生の
 小野の篠原
  しのぶれど
 あまりてなどか
  人の恋しき     
 
参議等(さんぎひとし) 茅(ちがや)が生えている小野の篠原の「しの」のように、私はあの人への思いをじっと耐えしのんできたが、もう忍びきれない!どうしてこんなに、あの人が恋しいんだろうか。
きりぎりす
 鳴くや霜夜の
  さむしろに
 衣かたしき
  ひとりかも寝む     
 
後京極摂政前太政大臣 こおろぎが寂しげに鳴いている。白い霜が降りた夜の寒々としたむしろの上に、私は衣の方袖をしいて一人寂しく寝るのだろうか・・
わが袖は
 潮干に見えぬ
  沖の石の
 人こそ知らね
  かわく間もなし     
 
二条院讃岐 この沖の海の底には、大きな石があって、潮が引いた時でさえ姿を見せない・・私の衣の袖も、あの人を思う恋の涙で乾くひまもないのです
あらざらむ
 この世のほかの
  思ひでに
 今ひとたびの
  あふこともがな     
 
和泉式部 私の命はもう、長くはない・・ですから、あの世に行ってからの思い出に、せめてもう一度、あなたにお会いしたいのです。
重い病気になりもうすぐ死ぬかもしれないと思った時に、愛する男性におくった歌です。
君がため
 惜しからざりし
  命さへ
 長くもがなと
  思ひけるかな     
 
藤原義孝 あなたに逢えるなら死んでもいいと思っていました。でもこうしてあなたに逢えた今は、いつまでも長く生きてあなたと一緒に居たいと思うようになりました。
見せばやな
 雄島のあまの
  袖だにも
 ぬれにぞぬれし
  色はかはらず     
 
殷富門院大輔 あなたにお見せしたいものです。恋い焦がれて流す涙で色が変わってしまったこの袖を・・。あの松島の雄島の猟師の袖でさえ、波でどんなに濡れても私の袖のように色まで変わる事はないというのに。
嘆きつつ
 ひとり寝る夜の
  明くる間は
 いかに久しき
  ものとかは知る     
 
右大将道綱母 あなたは今夜もおみえにならない・・一人で寝る夜の明けるまでが、どんなに長いものか、あなたはきっとご存知ではないでしょうね。
忘らるる
 身をば思はず
  ちかひてし
 人の命の
 惜しくもあるかな     
 
右近 忘れられてしまう、私の身のことはいいんです。ただ、私への愛を神に誓ったあなたが誓いを破ったために、神罰を受けて亡くなってしまうのではないかと、惜しまれてならないのです。
由良ゆら
 わたる舟人
  かぢを絶え
 ゆくへも知らぬ
  恋の道かな     
 
曽根好忠 由良(ゆら)の瀬戸を渡る舟人がかいを無くして、ただゆらゆらと波に漂うように、この先わたしの恋の行方もどうなることやら・・
今来むと
 いひしばかりに
  長月の
 有明の月を
  待ちいでつるかな     
 
素性法師 あなたが「すぐに行くよ」とおっしゃったばかりに、私は九月の長い夜をずっと待ち続け、とうとう有明の月(夜が明けてもまだ空に残っている月)が出るのを待つことになってしまいました。
あはれとも
 いふべき人は
  思ほえで
 身のいたづらに
  なりぬべきかな     
 
謙徳公 恋する人に冷たくされ、せつない気持になっていても、慰めてくれる人も思い浮かばない。私はこのまま、あの人に恋い焦がれながら、むなしく死んでゆくのだろうな・・
来ぬ人を
 まつ帆の浦の
  夕なぎに
 焼くや藻塩の
  身もこがれつつ     
 
権中納言定家 いつまで待っても、あの人は来てくれない。それでも私は待つのです。あの松帆(まつほ)の浦で夕なぎの頃に焼くという藻塩(もしお)のように、燃えさかる恋の思いに身もこがれているのです。
憂かりける
 人を初瀬の
  山おろしよ
 はげしかれとは
  祈らぬものを  
 
源俊頼朝臣 私につれなかった人が、なびいてくれるようにと、初瀬(はつせ)の観音様においのりをしていた。でも、初瀬の山おろしよ、あの人の心がおまえのように冷たく激しくなれなんて祈っていないのに・・
思ひわび
 さても命は
  あるものを
 うきにたへぬは
  涙なりけり  
 
道因法師 これほど愛しているのに、あの人はつれない。毎日嘆き悲しんでいても、死にもせずに命ながらえているのに・・涙だけはとめどもなく流れる、つらさに耐えられずに・・
玉の緒よ
 絶えなば絶えね
  ながらへば
 しのぶることの
  弱りもぞする
  
式子内親王 私の命よ、絶えるなら絶えてしまえ。このまま生きながらえていると、耐え忍ぶ力が弱くなってしまい、自分一人の心に秘めている思いが、外に現れてしまいそうだから・・
難波潟
 短き葦の
  ふしの間も
 あはでこの世を
  すぐしてよとや  
  
伊 勢 難波潟(なにはがた)に生えている葦の節と節の間のように、ほんの短い時間でもお会いしたいのに、それもかなわず恋しいあなたにお会いできないなんて・・辛すぎます。
人はいさ
 心もしらず
  ふるさとは
 花ぞ昔の
 香ににほひける
  
紀貫之 人の心は変わりやすいというから、あなたの心が昔のままかどうかは、さあ、分かりません。 しかし、昔なじみのこの里で、梅の花だけは、昔のままの懐かしい香りで、咲いていることです。
住の江の
 岸に寄る波
  よるさへや
 夢の通い路
  人目よくらむ  
 
藤原敏行朝臣 住の江の浜に打ち寄せる波・・寄る波・・よる・・夜・・。人目のある昼はともかく、なぜ夜の夢の中でさえ、あなたは人目をさけるのでしょうか。
みちのくの
 しのぶもぢずり
  たれゆえに
 乱れそめにし
われならなくに  
 
河原左大臣 みちのくの「しのぶもぢずり」の乱れ模様のように、私のこころは乱れています。このようになったのは誰のせいでもない、あなたのせいなのですよ。 (「しのぶもぢずり」は今の福島県で産した、乱れ模様に染めた布のこと)
筑波嶺の
 峰より落つる
  みなの川
 恋ぞつもりて
  淵となりぬる
 
 
陽成院 筑波山の峰から流れ落ちるみなの川は、次第に水かさを増して、深い淵になります。同じようにあなたを思う私の心も積もり積もって、淵のように深い思いになりました。
天つ風
 雲の通ひ路
  ふきとぢよ
 をとめの姿
  しばしとどめむ
僧正遍昭 空を吹き渡る風よ、雲の中にあると言う、天と地を結ぶ通路をふき閉ざしておくれ。この美しい舞姫たちの姿を、もうしばらく、ここに引き止めておきたいから。
契りきな
 かたみに袖を
  しぼりつつ
 末の松山
  波こさじとは
清原元輔 私たちは固く約束しましたね。互いに涙に濡れた袖を、何度も絞りながら、あの末の松山を、波が越すことのないように、どんな事があっても心変わりなどしないと。なのに、あなたは何故・・
今はただ
 思い絶えなむ
  とばかりを
 人づてならで
  いうよしもがな
 
左京大夫道雅 逢えなくなった今となっては、諦めてしまおう。その事だけを、せめて人づてでなく、直接お目にかかって、お話する方法があればなあ。
うらみわび
 ほさぬ袖だに
  あるものを
 恋に朽ちなむ
  名こそ惜しけれ
相 模 あなたのつれなさを恨み、悲しい思いで流す涙にぬれて、乾くひまもない袖が、やがて朽ちてしまうことさえ切なく、くやしい。その上、この恋のために私の評判まで廃れてしまうのは、本当に残念なことです。
夜をこめて
 鳥の空音は
  はかるとも
 よに逢坂の
  関はゆるさじ
清少納言 夜明け前に、にわとりの鳴き声のまねをして騙そうとしても、あの函谷関(かんこくかん)ならともかく、あなたと私の間の逢坂の関は、けっして通る事は許しませんよ。
音に聞く
 高師の浜の
  あだ波は
 かけじや袖の
  ぬれもこそすれ
祐子内親王家紀伊 うわさに高い高師(たかし)の浜の、きまぐれに立つ波のように、浮気で有名なあなたの言葉は、気にせずにいよう。うっかり心に留めてしまったら、涙で袖を濡らす事になるだろうから
 しのぶれど
  色に出にけり
   わが恋は
  ものや思ふと
   人の問ふまで  
平 兼盛 私の恋を誰にも知られないように、心にひめていたのに、
とうとう顔色に出てしまったようだ 
なにか、物思いをしているのですかと、人がたずねるほどに・・
 花の色は
  うつりにけりな
   いたづらに
 わが身世にふる
  ながめせし間に 
小野小町 春の長雨が降り続くうちに、
桜の花はすっかり色あせてしまった。
同じようにむなしくこの世を過ごし物思いにふっけているうちに、
私の容姿もすっかり衰えてしまったなあ
 嘆けとて
  月やはものを
   思はする
  かこち顔なる
   わが涙かな  
西行法師 月よ わたしに嘆き悲しめといって、もの思いをさせるのか・・
いいえ!この涙はおまえのせいではない。
わたしが恋しい人を忘れられないからなのだ。おまえはただ静かに輝いているだけ・・
 長からむ
  心も知らず
   黒髪の
 乱れて今朝は
  ものをこそ思へ
待賢門院堀河 あなたのお心が、いつまでも変わらないかどうかも分かりません
あなたとお別れした今朝は、この黒髪が乱れているように
私の心も、恋のもの思いに乱れています。
 こひすてふ
  わがなはまだき
   たちにけり
 ひとしれずこそ
  おもひそめしか
壬 生 忠 見 恋をしているという、私のうわさは
早くも世間に広まってしまったことだ。
誰にも知られないように、密かに心のうちで思い始めたばかりなのに。
 瀬をはやみ
  岩にせかるる
   滝川の
 われても末に
  あわむとぞ思ふ
崇 徳 院 川の瀬の流れが早いので岩にせき止められた急流が
ひとたび分かれても、のちにはまたひとつになる。
それと同じように、たとえ今は恋しい人と別れても
将来は必ず結ばれようと思う
めぐりあひて
 見しやそれとも
   わかぬ間に
  雲かくれにし
   夜半の月かな
紫 式 部 「久しぶりにめぐり合って、それがどうかも見分けが つかないうちに雲に隠れてしまった夜中の月。
その月のようにあなたもあわただしく帰ってしまいましたね。」
夜の月が雲にさっと隠れてしまうのを、こんな風に重ね合わせて 例えるのはなんとも素敵ですね。
ゆっくり月を眺めることも楽しみの一つだったのでしょうね。 私も月をゆっくり眺めてみようかな。
 あひ見ての
  後の心に
   くらぶれば
  昔はものを
   思はざりけり
権中納言敦忠 あなたと会って一夜を過ごしたあとの、
このせつない心に比べると会う前のもの思いなどは
ものの数には入らないようなものだったのですね





上に戻る>>