半衿と衿芯のつけ方



  半衿と衿芯のつけ方


 半衿付けの基本
  1. 着物の衿うしろの背縫い線(中央)と、半衿の中央を合わせる。
  2. 半衿の端の始末(1図)
    まず、半衿の端1センチほどを折り返して縫っておくといいですね。
    表の縫い目は小さく、裏を大きくすると綺麗です。
  3. 襦袢の表側と裏側のつり合い。(2図)
    襦袢の表側より、裏側(内側)を引っぱり気味につけるとシワになりにくく綺麗です。
    縫い付けた半衿の先が、内側が外側より少し長くなる事になります。
(1図)
(2図)
  半衿の種類          (楽天市場で探してみました)
素材別 正絹化繊交織洗える正絹
色柄別 白物、   色・柄物  刺繍
季節別 袷のきものに...... 塩瀬縮緬綸子
盛夏に......... 、 、  

  プラスチック芯を使う場合


    
@ まず、半衿の片側を1cmほど折ってアイロンをかけておきます。


       

A 襦袢の表衿中心と@で折った半衿の中心を合わせて、衿の線に沿ってぬいつけます。



     

B 裏側に返して、襦袢の衿山に沿って半衿を折りアイロンで落ち着かせます
       

C 衿中心の幅に合わせて半衿を折ります。 この時、バチ衿の襦 袢の衿先は少し幅広になっていますが、衿先の幅に合わせず、中心の幅で、つまり全部同じ幅 で折り縫い付けます


       
D 衿の裏側に、プラスチックの芯を差し込みます。 Cのように裏の半衿の幅が同じ なので、ぐらつかず芯が安定して収まります。また、衿の中心を糸で1ヶ所留めておくとさらに安定します。衿元をきちっとしたい場合は、衿の内側に芯をいれます。


  三河芯を襦袢に縫い付けてから
             半衿をつける方法




@市販の三河芯は幅広の物もあるので、
(襦袢の中心の衿幅ー3mm)×2
の幅で切って 直接襦袢に縫い付けて おきます。

 
 
 Aその上に半衿を縫い付けます。
半衿を取り替えるのに便利な方法です。



  三河芯を半衿に縫い付けてから
             半衿をつける方法


@(襦袢の中心の衿の幅ー3mm)×2 の幅でで切った三河芯を半衿にざくざくと縫い付ける。


A@で出来たものを直接襦袢に縫い付ける。衿が首に自然にフィットする



  裁縫の苦手な方に、こんな便利グッズも♪



  えもん抜きの付け方


 
えもん抜きとは・・・衿元をすっきりと抜く為の布です。
長襦袢の背に取り付け、お好みで紐を通して固定します。
着慣れない方には、手早くきれいに着物を着るための便利な味方です。

---------------------------------------------------------------------------------------
1, 半衿はたびたび外して洗う事になりますから
必ず半衿をを付ける前に、えもん抜きつけましょう。
えもん抜きの中心と衿の中心を合わせて、力の入る部分ですから□形にしっかり縫い付けておくと安心ですね。


2, えもん抜きがついたら、その上に半衿を
縫い付けてゆきます。
その際も、付いたえもん抜きの中心と、半衿の中心を
必ず合わせ て縫い付けるように注意しましょう。