紬のコーディネート
染めの名古屋帯
織りの着物に染め帯は伝統的なコーディネートです。
洗練された柔らかな雰囲気になります。
織りの袋名古屋帯〔八寸帯〕
紬の帯や博多帯のような八寸帯を合わせると、カジュアルな雰囲気になります。
* 半衿
大島や結城紬には 白の塩瀬 が基本。冬の結城には 白の縮緬 も。遊び着としての紬には色の半衿もお洒落です。
* 帯揚げ
紬にはお洒落な色選びを。着物と帯が濃い色なら明るい色が似合います。
* 帯締め
着物や帯の一色を配置し、ポイントとする。もしくは、帯と反対色を選ぶと、きりりとした引き締まった印象になります。

紬・産地編


 日本の各地で織られている紬。その柄や色、風合いは実にバラエティーに富んでいます。
 北の紬には寒さから産まれたほっこりとした暖かさが、
 南の紬には南国ならではの大らかな空気が感じられます。
 土地の持つ力、風土の生み出す個性が、それぞれに織り込まれていますね。
 紬とはまさに、土地が育む織物なのでしょう。そんな各地の紬を集めてみました
 .........................................................................................................................................................................

 泥大島

 藍大島

 白大島

奄美大島で織られた紬。泥を何度もくぐらせてつくる「泥大島」・「藍大島」・「白大島」は高級大島の代表格。
スペンとした質感が特徴で、細かな十字絣で表現される柄が多い。
鹿児島や宮城県産の紬も含め、広く大島紬と言う。しなやかで張りのある風合いは着付けが楽。着る人にピッタリと寄り添い着くずれしにくい。
年数がたち、洗い張りを重ねるほどに、色艶やそのよさは増してくるといわれています。



 泥大島  藍大島  白大島紬 
.........................................................................................................................................................................
久米島紬 ゆうな染め

久米島紬 泥染め
沖縄県久米島で織られる紬。泥染め、ゆうな染めなど、島の自然から生まれた色が特徴。鳥、流木など、南国らしい絣文様が織られている。2004年、国の重要文化財に指定され、ブランド紬として名を確立した。
群上紬 岐阜県郡上市で織られる紬。平家の落人が野蚕繭を紡いで作ったのが始まりともいわれる。草木染めの落ち着いた色合い、ほっこりとした質感の温かみのある縞や格子柄が多い。
今はなかなか出回らない。


久米島紬  久米島紬/泥染 群上紬 
.........................................................................................................................................................................
 黄八丈 伊豆諸島の八丈島で織られる紬。刈安で糸を染めた黄は八丈が特に有名だが、渋い茶色が主体の鷲八丈、黒が主体の黒八丈もある。スペンとした質感、きっぱりとした縞や格子が特徴で、明治期には下町の女性の間で人気を博した。

 花織

 花織〔帯〕

沖縄の織物の一つ。文様部分の糸が浮き上がり、刺繍をした用に見える浮き織りが特徴。特に読谷山の花織りは名高い。沖縄では「はなうい」と呼ばれている。東南アジアの影響の名濃い織物。


黄八丈  花織 花 織(帯)
.........................................................................................................................................................................
 結城紬 茨城県結城市で織られている紬。経糸・緯糸ともに真綿から紡いだ紬糸を使うため、軽くてほっこりとした質感が特徴。手紡ぎ、地機の伝統的な手法で織られた紬は、国の重要無形文化財に指定されている。ブランド紬として名高い。
 牛首紬 石川県白峰村牛首(現代は白峰村)で織られる紬。その歴史は古く、元禄年間にはすでに周囲に名が知られていたという。別名「釘抜き紬」とも呼ばれる。シャリッとした風合いが特徴。
 塩沢紬 新潟県塩沢地方で織られる紬。塩沢は厳密な絣文様を得意とし、結城・大島と並んで三大絣の産地とよばれる。やわらかな風合いの明るい色の物が多く女物に多く用いられる。塩沢はお召しも有名。


結城紬  牛首紬  塩沢紬
.........................................................................................................................................................................
 米沢紬 山形県の米沢市で織られる紬。山形は古くから繊維産業が盛んで、長井紬、白鷹御召などの織物が多く産出されている。こうした山形県一帯で作られる紬を、総称して置腸紬と呼ぶこともある。
 十日町紬 新潟県の十日町市で織られる紬。伝統工芸の枠にとらわれない自由な発想で、ヤングから着物のプロまで、楽しむきもの、気軽なきものとして幅広い支持を集めています
 琉球紬 沖縄で織られる紬のこと。中でも重要無形文化財に指定された「久米島紬」は、泥や藍染めを繰り返してつくる手のかかった織物です。また、南国らしい大らかな手法で織られた「絣」は比較的手頃な物もあります。
 小千谷紬 新潟県の小千谷(おぢや)つむぎで織られている紬。
小千谷は、小千谷縮(麻織物=夏用)などが盛んに織られていた高度な技術を持つ産地です。ふんわりした柔らかい真綿の風合いには、独特のやさしい肌触りがあります。




米沢紬  十日町紬  琉球紬 小千谷紬





  仕立て・加工・メンテナンス(楽天市場)
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り


ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工
 

▲上へ戻る