特集七五三とお宮参り



  父親・母親の服装
父親はダーク・スーツ、母親は色無地紋付き、訪問着、付け下げ、
黒紋付きの羽織などが適当です。
しかし、最近はお手軽に着られる ブレザースーツや、ワンピースなどでも十分です。
 
  神社での参拝の仕方
@ 手洗所で手と口を清めて神前に進みます
A 鈴を鳴らしてから二拝二拍手一拝で拝礼します
B 神官にお祓いをしてもらった時は、「御玉串料」、「御初穂料」として御礼を渡します
........................................................................................................................................................................

 「 お宮参り 」

お宮参りは、赤ちゃんが初めて神社にお参りして、神さまの御加護のもとに無事誕生したことを感謝し、これからも健やかに成長するようにと祈ります。
多くの場合、赤ちゃんは母方から贈られた晴着を着て、両親と共にお参りします。

お宮参りの晴着は3歳のお祝いで着ることができます。

男子は生後三十一日目、女子は生後三十三日目が一般的です。


 男の子

 女の子
........................................................................................................................................................................

  「 七五三 」

     3才の男女児が、それまで剃っていた頭髪を髪を伸ばし始めた「髪置き(かみおき)のお祝い」
     5才の男児が、この日から袴を着け始めた「袴着(はかまぎ)のお祝い」
     7才の女児が、つけひもを除き帯でしめる着物にかえた「帯ときのお祝い」


     現在11月15日を中心に、前後の休日などに全国の社寺でお参りが行われていますが。
     こんな昔の風習にちなみ、3歳の男子と女子、5歳の男子、7歳の女子がお祝いをします。

     二度と訪れることのない、子供の節目の日、見過ごすことのないように祝って
     おきたいですね。最近は、洋服姿の子供さんの姿も多く見られますが、やはり
     男子の羽織と袴姿は一段とりりしく目をひきます。女子の晴れやかな着物姿は
     大変可愛らしく、子供ながらに誇らし気なうれしさが伝わってきます。



3歳の男子 正式には、3歳はお宮参りの時の祝い着
 着 物
 洋 服

3歳の女子 正式には、3歳はお宮参りの時の祝い着
 着 物
 洋 服

5歳の男子 正式には紋付きで熨斗目(のしめ)模様、あるいは色無地紋付きの着物に揃いの羽織で、これに仙台平(せんだいひら)の袴をつけます。
 着 物
 洋 服


7歳の女子 正式には7歳の女児は、四つ身の本裁ちにした総柄の友禅に結び帯です
 着 物
 洋 服
........................................................................................................................................................................

 七五三&結婚式、発表会ファッション
........................................................................................................................................................................
  お買い得福袋
最新!ベビー福袋
最新!キッズ福袋
最新!ジュニア福袋



ご要望の多かった 「無双袖」の作り方 が出来上がりました!本格的な替え袖作り、是非挑戦してみて下さい


    
このページの上に戻る