夏 物

   初夏・初秋の着物(6月・9月)

温度差が激しい初夏。そして、秋とは言えまだ残暑が厳しい初秋。6月と9月の着物選びは
少し難しいですね。この季節は従来のしきたりにあまりとらわれず、肌感覚で
一般的な単衣や、薄手のものなど着分けるのがよさそうです。

  素材として、この時期に便利なのが 「紗合わせ(しゃあわせ」 す。
  「二重紗」とも言い、紗を二枚合わせた着物で、目には涼しさを、
  肌には暖かさを、与えてくれます。  
  その他 サマーウール夏結城(なつゆうき)夏大島紗紬(しゃつむぎ)
  生紬(なまつむぎ)、などのあまり透けないものを単衣で。
  色目には、初夏は白を中心に、淡い色のほか、逆に藍や紺地などが涼感があります。
  そして、9月は白や淡い色は避け、色づく自然の色を早めに取り込むとおしゃれです。 

「紗袷」(しゃあわせ)


夏結城


サマーウール
紗紬とは夏向きの紬のこと。張りのあるものを生紬といいます。

   盛夏の着物(7月・8月)

暑い季節だからこそ、涼しげにきものを着こなした姿は、どんなドレスよりも際立つもの。
盛夏には透け感のある薄物の着物で見た目にも涼しさを演出します。
透ける模様は、他の季節では味わえない美しさです。

素材として梅雨明け前は、あまり透けない生地の 夏結城紬 明石ちぢみ
小千谷ちぢみ 、などが肌によく映り、体温調節もできそうです。
そして、梅雨明け後はいよいよ盛夏の装いです。 涼しく見えるよう
紗(しゃ) 上布(じょうふ) 、など透けた生地を選びます。

小千谷ちぢみ)


上布



  外出着としての浴衣(ゆかた)

カジュアルきものの定番はなんといっても浴衣ですね。素足に下駄できりっと着こなしましょう。
外出着として浴衣を着る場合は、紅梅・綿絽・長板染めなどを選びましょう。
麻や絽の長襦袢に夏用の半衿をつけてすっきりと装います。


4 綿紅梅 普通の綿とは異なって生地が平坦ではなく、地柄になっています。
そのためシワになりにくく、着心地がよく、手触りもしっかりしており、高級感があります
4 綿絽 綿絽とは、絽目に織ってある綿素材のものをいいます。
夏の着物にみられる「透け感」があるので、ワンランクアップの浴衣になります。
4 長板染め 長板染とは江戸中期から伝わる手染めの技術で、長板と呼ばれる6m50cm程のもみの
一枚板に生地を張り付け、精緻に掘られた型で糊置きをし、正藍で染めていくという
手の込んだ作業から産まれる、浴衣の大元です。


綿紅梅


綿絽

長板染め

    夏帯の色々

               4 羅(ら)
太い糸で粗い紗織にした帯を、通常「羅」とよんでいます。
7月〜8月の盛夏用の帯で小紋や織物に用います。
4 麻(あさ)
麻の織り帯や染め帯は、基本的には麻の着物に
合わせるとよいでしょう。麻は7月と8月の盛夏用の帯です。
                4 紗(しゃ)
紗とは生糸を搦み織(からみ)にした織物で、夏帯の主流です。
昔は盛夏向きとされていましたが、近年は透け具合によって
夏を通して用います。
4 絽(ろ)
絽織は帯やきものに用いられる夏の代表的な織物のことをいいます
横絽が一般的ですが、竪絽も作られています。
袋帯、名古屋帯などがあり、夏を通して用います。
                4 絽綴れ(ろつづれ)
絽織と綴織を併用したもののことを「絽綴」といい、
よそゆきの雰囲気を持った帯です。
5月後半から9月いっぱいまで用いますが、初夏・初秋には
ことに重宝する地風です。


4 絽塩瀬
張りがありつるりとした生地あいが魅力。もっともポピュラーな染め帯です。
友禅・ローケツ・型染などの技法により様々な模様が表されます。
                4 紗紬(しゃつむぎ)
紬風にざっくりと織られ、素朴さが魅力。
平織り・紗織・変わり織りなどで、織と染めがあり、5月後半から
9月いっぱいまで着用できます
4 生紬(なまつむぎ)
生紬とは、精錬を途中の段階で止めた硬めの糸で織られます。
張りのある地風が特徴です。
5月後半から9月いっぱいまで着用できます。

   夏の長襦袢

夏物の着物は薄く透けるので、長襦袢は白もしくは、ごく淡い色を選びます。
一般的にはなんといっても「白の絽 」。他には、紗(しゃ) 麻(あさ) など。
暑い夏はまめに洗いたいという方は、家庭で洗濯ができる化繊や天然繊維でも、ウオッシャブル・シルク、や麻(あさ)、などを選んでみましょう。
また、洗濯ができて、お手入れがしやすい「二部式長襦袢」 を愛用する方も多くなりました。

  袷せ用の小物はどこまで使える?

4 夏用和装小物
下着や小物にも「夏用に準備したい物」と「通年使える物」とがあります。
通年使えるものでも、柄や色が重たすぎるものは夏には不向きです。
きものに合わせて、小物も夏らしく衣替えしてみましょう。
あれもこれも揃えなければ、と大げさに考えず、
楽しみとして少しずつ取り入れることをお薦めします。
夏用に準備しましょう!

夏用に必要な物・・・ 長襦袢  半衿  帯揚げ 通年使えるものは淡い色
色や素材で使える物・・ 履物 バッグ 帯締め
通年使用できる物・・・ 肌襦袢 裾よけ 足袋 、着付け道具


  仕立て・加工・メンテナンス (楽天市場)
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り


ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工

▲上に戻る