和装小物

 半衿の選び方

半衿は着物に汚れがつかないようにカバーするだけでなく、着物の色柄をより強調し、
着物姿の重要な役目をしています。大きく分けると、白半衿と色半衿があります。
素材は豊富で、袷せの着物には塩瀬・縮緬・綸子・東雲(しののめ)・唐織り・
紋意匠縮緬・ふくれ織り・化繊などがあります。


 白の半衿
  留袖や振袖、訪問着などの礼装用には色半衿は不向きです。あくまでも白が正式です。
  かつて白はよそゆき用、色物は普段着とされていましたが、今は白が主流ですね。
  白の半衿の塩瀬は礼装用から日常着まで使えます。
  単衣の場合、絽の着物には絽、紗の着物には紗または絽、麻の着物には麻、
  紬やお召しなどには絽縮緬を用いると、着物が生き生きとしてきます。
  色半衿 柄の半衿
  色物や柄の半衿は礼装用には適しません。TPOに合わせて上手に使い分けましょう。
  色物は地味な着物を明るく見せるためのものなので、紬や木綿の着物によく合います。
  友禅絞り 、色無地などの色半衿は、きものの色や柄との調和を考えて
  合わせるとお洒落です。
 刺繍の半衿
  刺繍半衿は普段着用から礼装用まで豊富です。
  白地に白糸や金や銀で、おめでたい柄を刺繍したものは留袖や振袖、訪問着などに。
  色半衿に刺繍したものは紬や小紋などのお洒落着にいいですね。
ーその他ー
便利で簡単な 美容衿 、 最近人気急上昇の ビーズの半衿 、 個性を引き立てる レースの半衿
白の半衿 色無地半衿 柄の半衿 ビーズの半衿


 伊達衿(だてえり)

 伊達衿
  (重ね衿ともいう)は、本来は振袖、訪問着、色無地、付け下げなど礼装用に用います。
  小紋など染めの着物に使う事もありますが、紬など織りの着物には用いません。
  種類は無地のものと地紋入りのものが一般的です。
  色選びとして、上品に装いたいのなら、着物と同色か同系の薄い色を。
  華やかに見せたいのなら、同系の濃い色や補色を。
  また、帯揚げや帯締めの色に合わせてもお洒落ですね。
  

 帯揚げ


「特集・帯締め」
「 帯揚げと帯締めの結び方 」

着物と帯の間にふんわりと結んで入れる帯揚げは帯の形を美しくする為の大切な役目をします。
素材は 綸子縮緬(ちりめん)絞り など。柄は飛び絞り・友禅・小紋・ぼかし染めが有名です。


フォーマル 第一礼装の黒留袖には、白の帯揚げ が決まりです。紋綸子・絞りなど。
セミフォーマル 訪問着や色無地など礼装として着る場合は、やはり綸子や絞りの
品格ある色柄を選びます。薄い地色のものが上品です。
カジュアル 紬や小紋などのお洒落着は、どう装いたいか考えます。

優しくはんなりと見せたい時は 着物の中の一番淡い色と帯揚げを合わせる。
粋に装いたいときは・・・・・・ 渋みのある色を効かせてみましょう。
着物の色から離れた強い色を合わせると個性的に。

礼装用白 優しい色目 珍しい鮫小紋柄

 バッグ

着物姿にバッグも意外と目立ちます。TPOに合わせて選びましょう。
和装用でも洋装用でも構いませんが、着物には小ぶりのタイプがいいようです。
礼装用には裂地のものが正式です。クラッチバッグ がいいですね。
  綴錦や佐賀錦、紋織り錦 など気品のあるものを。
  振袖に巾着タイプも似合いますね。  喪装用にはもちろん 黒のバッグ になります。
訪問着や色無地で華やかなパーティーに出席する時は、ドレッシータイプを。ビーズ、ラインストーン
  金糸や銀糸づかい、メタルも映えます
お茶会には荷物が多いもの、出し入れが楽で収納力がある ボストン巾着タイプ を。
 初釜には
裂地もの、錦織りなど格のあるものを。お稽古にはカジュアルな縮緬などが向いています
小紋や紬での外出には自分流のセンスで個性的なものを合わせると楽しいですね。
  どこか懐かしい 革製バッグ がよく合います。

クラッチバッグ 籠バッグ ボストン 手提げ

 足袋

やはり白足袋が一般的ですが、着物やTPOに合わせて
色足袋や刺繍足袋などで、足元のおしゃれもエンジョイしてみましょう。
サイズを選ぶ際は、靴より多少小さめのサイズを選ぶとよいと思います。
白足袋 は礼装用から普段着用まで使用できます。
  こはぜは3〜6枚までありましたが今は一般的に 4枚こはぜ が主流ですね。
  5枚こはぜ は底が深くなり暖かく、着物の立ち姿が美しくなると愛用者も増えているようです。
色足袋・柄足袋の選び方
  ・紬やウールなどの普段着用には・・・・・・色無地足袋
柄の足袋を。
  ・柔らかものの縮緬や綸子の着物には・・色無地足袋 や 刺しゅう足袋を。
  ・振袖や訪問着などには・・・・・・・・・・・・白足袋に草花などを ワンポイント刺繍 したものも♪
素材は化繊や絹の羽二重ものもありますが最も一般的なのは木綿です。
  木綿の中でも キャラコの足袋 は、丈夫で吸湿性にも優れ最上級とされています。
  夏用に、麻生地の足袋レースの足袋 も一度試してみるのもよいと思います。

5枚こはぜ 刺繍足袋 小紋柄

▲上へ