帯締め・特集ページ

帯締め

わずか1cmほどの細い紐ではありますが、体の中心で着物姿全体の印象をひきしめる帯締め。
明治の終わりごろまでは丸ぐけの帯締めが主流でしたが、その後は組紐が主流となりました。
帯締めの色は帯や着物の中の1色から取るのが無難ですが、わざと反対色のものを使うのもまた粋でいいですね。


帯締めには大きく分けて、組紐・丸ぐけ に分けられます。また、帯留と合わせる為に太さで 二分紐・三分紐・四分紐 と名づけられています


  組紐/平組
 きしめんのように平たい。
 最も格が高いとされる。幅広のものは礼装向き。
高 麗 組 唐組と並び高級かつ拡張高い美しさがある。伊賀組紐の代表的な紐である。
笹 波 組 V字形の矢羽根模様が特徴。組み目が寄せ返す小波を思わせることからこの名がある。
唐 組 矢羽根模様に出る笹波組をもとに、連結と反転を繰り返した。組み方で平安時代に和風化し、精巧なものに完成された紐。
高麗組 笹波組 唐組

  組紐/角組
 断面が四角のものを言う。お手軽に楽しめる。
江 戸 組 江戸組紐はかつては鎧や兜などの武具に用いられました。縦糸だけを斜めに交差させ精巧にくみ上げられていて締めやすく型崩れしない。
洋 角 組 杉の葉が並んだような組目で、八つ組紐を芯にいれて組んである。
冠 組 冠組(ゆるぎくみ)とは、古く平安の頃より、高貴な人々のかんむりに使用されていた紐の組み方で、その美しさは帯締めとして着物通の方々に、かけがえのない紐として現在まで重宝されている
江戸組 洋角組 冠(ゆるぎ)組

  組紐/丸組
 断面が丸いものを言う。華やかさを出したいときに。
 太目のものは礼装向き。
丸 組 み 礼装用からお洒落着まで、最近は変わり組もある
振 袖 用 豪華な変わり結びにアレンジして華やかさを出せる



丸組 振袖用 セットで♪

  丸ぐけ
 細く縫い合わせた布の中に綿を入れた紐。
 花嫁衣裳などの帯締めが代表的。
丸ぐけ帯締め 結びやすく、親しみやすいのが特徴
最近の大正ロマン風ファッションには欠かせない。
羽 織 紐



丸ぐけ 羽織紐 遊び心♪

  二分紐 / 三分紐 / 四分紐
二分紐 三分紐 四分紐 五分紐
三分紐 四分紐 五分紐