木綿のきもの

木綿の着物

着物のおしゃれ上級者が、次に欲しくなるのが木綿と言われます。 素朴な温もりが魅力の木綿の着物は、実は若い方にもカジュアルに着て欲しいアイテムです。

「木綿のきものはどんな所へきてゆけばいい・・?」
デートやお買い物、そんなちょっとお洒落な普段着感覚にぴったりです。 雨にあたっても平気でとにかく、お手入れが簡単なのが嬉しいですね。

伊勢木綿  
伊勢木綿は単糸(たんし)という一番ベーシックな糸を使用しているのが特徴。単糸の長所は、糸が柔らかいのででシワになりにくい、肌触りが良い、保湿性や通気性も良いので、使い込めば使い込むほど、味が出る綿布と言えます。
単糸は切れやすく、織るのが非常に難しいため、いい綿を使った単糸でないと織ることができないそうです。他に単糸を使っているのは片貝木綿があります


唐桟(とうざん)
唐桟の起源は室町時代に南蛮船がもたらした輸入織物です。
その織物は経緯糸に細い木綿の平糸を2本引揃えて平織りしたもので、それはまるで絹のような風合いだったそうです。
細い糸で打ちこみがかたく織られているため、麻状の外観と絹のつやと風合いを有し、また、細かい縞柄が江戸好みの渋く、いきな美しさをあらわしており、今日でも趣味的な装いに珍重されています。
片貝木綿(かたがいもめん)
片貝木綿の産地は新潟県小千谷市の片貝町。経糸には、3種類の太さの違う糸が規則的に配置されており、着た時に太い糸の凸部が主に肌に触れるため、べとつかず爽やかな着心地が味わえます。
洗濯で水をくぐり水に揉まれ、乾燥で空気に晒され、そして肌に触れ月日を重ねると、とってもいい風合いになり、着れば着るほど柔らかくなるのが片貝木綿の魅力です。
染めには本藍染や松煙染が用いられ、模様は縞や格子が多く見られます。すっきりした縞や格子の片貝木綿は、気軽に着こなせるものとして、ビギナーの方にもオススメです。


会津木綿
福島県会津地方の特産。
やや厚地で、丈夫に織られていること、素朴な縞柄が特徴です。
現在では科学染料染め、機械織りがほとんどですが
1万円以下から手に入るという、お手軽さが入門には最適の着物です。

久留米絣(くるめかすり)
福岡県久留米地方で織られている木綿絣。
本藍染めの手織り絣は重要無形文化財の指定を受けました。
洗えば洗うほど色が冴え、絣柄がくっきりしてくる、中藍といわれる
明るいブルーも久留米絣の特徴です。
複雑な柄の手織物はそれなりのお値段になりますが、
機械織りのものはお手軽価格で手に入ります。

弓浜絣(ゆみはまかすり)
深い藍色の地に美しい白抜きの絣柄がはえる先染平織りの綿紬です。絣模様には日常生活のなかのあらゆるものがアレンジされ、温かく深い雰囲気がただよっています
絣柄を織り出す技術も独特で、絣糸のよこ糸だけをくくり染めし、手作業で柄合わせするというのもの。他の紬織も絣柄にはみられない、まるみや円などの美しい曲線も十分表現 されています。
ざっくりとした風合い、素朴な味わいが特徴です。


木綿きものにはどんな帯を選べばいい・・?

間単に考えれば、紬と同じ感覚でとらえて下さい。
基本的にフォーマルな場には着用しませんから、金・銀糸の袋帯は合わせません。
向いているのは、紙布の帯 や絹に近い薄手地風の木綿地なら、塩瀬の染め名古屋帯 や、光らない地の袋帯程度まではいいと思いますが、普通の木綿ものには京袋帯から、半幅帯までとなります。
木綿の織帯 ミンサー、自然素材の 古代布、木綿や絹の布を裂いて作った糸で織る 裂織り 、インドネシアの絣織り イカット なども素敵ですね。
季節感に注意しながら自由に楽しんでみましょう。


みんさー 紙布  イカット帯

 仕立ては?着る時期は・・?

木綿のきものは単衣に仕立てれば自分でもお洗濯が可能です。
但し、水を通すと縮むこともありますから、仕立て前に「湯通し」をするなり、呉服屋さんや仕立て屋さんに相談しておくといいですね。
単衣仕立てにしても、堅い地風のもめん地は寒くなると布が締まって暖かいので、3月末から10月くらいまで、着ることができます。
カジュアルなもめん着物には、単衣は6月と9月だけという堅苦しいルールは必要ありません。
ご自分の感覚で自由に、どんどん着ていただきたいと思います。