特集「色無地・小紋」

   色無地・小紋

色無地とは・・

色無地 は一色で染められた無地の着物。
着物を着るひとは必ず1枚は持っていたい着物です。色によって吉凶両用に着られ、またどんな色でも帯びや小物のコーディネイト次第で格や印象が大きく変わる重宝な着物です。そして利用範囲が広いだけでなく、華美を避ける茶席用としてもかかせません。
◆ 五つ紋 三つ紋 一つ紋
五つ紋付きの場合、黒無地は喪の第一礼装となるほか、非常に改まった式服となります。
三つ紋をつけると無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。
色無地に紋を入れる場合は、1つ紋を入れて使えるように、仕立てる場合が、多いです。
一つ紋の場合は、一つ紋付きの訪問着より略式になりますが、色無地には訪問着とはまた違った控えめな品格があります。
◆ 生地 地紋
生地は 一越縮緬 などの地紋(織り柄の模様)のないものと、紋意匠 のように地紋のあるものがあります。吉凶両用には地紋のないものか、有職文様・流水・雲・波・・などの地紋を。

しゃれ紋
(色糸刺繍)

染めます色無地
紋入れ加工

白生地

小紋とは・・

小紋 とは型染めのことで、全体の模様の上下が分からない着尺のことをいいます。
訪問着などを着るほどでもないけれど、ちょっとお洒落をしたい時に重宝します。
小紋 は型染めですが手描きの小紋は カクテルパーティや茶事などにも、付け下げ感覚で着れます。
◆ 京小紋
京都で染められる小紋。京都の手描き友禅と同じ雰囲気を持つ華やかな小紋。友禅型紙といわれる寸法の長い型紙を色の数だけ使って染められます。
20枚から30枚、ものによっては100枚を超える型紙を使うこともあるようです。古典的な御所風文様の他、薔薇やカーネーションなどの洋風花柄も。パーティなどの華やかな場所にふさわしい着物です
◆ 加賀小紋
金沢で染められる型小紋。その起源は、加賀百万石前田家の武士の裃柄。小袖模様の写しや草木や花の柄行きが多く、優しい色合いが特徴。
◆ 紅型(びんがた)
原型が今の沖縄。使う型紙は1枚で(糊置きのため)、顔料や植物染料を使って、染め上げ、仕上げに隈取りをして、柄を強調させるのが特徴です。
黄、朱、紫、藍、緑、の五色を基調とした色合いが華麗な着物です。




京小紋 加賀小紋   紅型(びんがた)

◆ 江戸小紋
東京で染められる小紋。江戸時代の武士の裃(かみしも)の柄が由来で、遠目には無地に見え、近寄ってみると総柄という、どこかきりりとした雰囲気の着物です。「1枚の型紙で、1色の染め」型紙は継ぎ目が出ないよう、細心の注意によって染め上げられます。無地感覚の江戸小紋は色合いを考えて慶弔両方に。
また、家紋の有無で、セミフォーマルからおしゃれまでお召しいただける、大変活用範囲が広いものです。
最近は流行の リバーシブル小紋 もお洒落心を揺さぶりますね。
鮫小紋 角通し 行儀 松皮菱
霰(あられ) 梅鉢 三筋/万筋



   鮫小紋 角通し 


万筋 霰(あられ) 行儀


◆ 更紗(さらさ)
室町時代以降に渡来した染め布。
別名バティックといい、インド・ペルシャ・ジャワ更紗が有名です。江戸中期には更紗染めの技法も伝わって「和更紗」が誕生しました。
全体から醸し出すエキゾティックな雰囲気に、個性的な装いをしたい方には特に人気があるようです。
◆ 藍型(あいがた)
藍染の小紋。白地に型を置いて糊付けし乾かし、藍瓶に浸して染め上げ、その後糊を落として乾かします。麻・木綿・つむぎ・など表面にざらつきのある物に染められます




更紗 藍型   両面染め小紋