「下駄や草履の選び方」

下駄・草履

草履の種類と選び方

佐賀錦
絹の光沢が晴れの場にふさわしい
草履の選び方にもちょっとした約束事があります。大きく分類すると、 礼装用、準礼装用、お洒落用、葬儀用とに分けることが出来ます。草履の格は素材と形で決まりますが、形はかかとの高いほどフォーマル度が高くなります。

礼装用 留袖や振袖など礼装用の草履は、台と鼻緒は同色、同素材にし、かかとの高さは5センチ前後を目安にします。爬虫類の素材は避け、布製や皮革に金銀が使われた華やかなデザインのものや、佐賀錦などが良いでしょう。振袖は袖が長いため、かかとの高めの草履を選びます。
準礼装用 付け下げや訪問着などには、礼装用よりもすこしお洒落度のあるものがよく合います。
お洒落用 お好きなデザイン、色、素材の草履を選んでください。 かかとの高低も決まりはなく、その人の好みですが5cm以内の方が歩きやすいです。 どんなものといっても、金銀が入った草履は似合いません。
葬儀用 「黒で光っていない」草履を選びます

エナメル パール加工 重ね
革にエナメル加工したもの 格調高い控えめな輝き 格式が高く豪華
畳表 パナマ 小判型
戦前までは最も一般的だった メッシュの網目が涼しげな天然素材 最近はやりの丸をおびた形
  メリーステップ   ロマン調   ウレタン
現代的な形で疲れにくい おしゃれな町着にピッタリ リーズナブルで履きやすい
  オーダーメイド   雨草履   夏物
自分だけのオリジナル! 雨のだってこわくない! 履き心地も見た目も涼しげに

草履の選び方 ワンポイントアドバイス
サイズの
決め方
靴のサイズよりもワンサイズ小さいものを選ぶと、足の形が綺麗に見えますまた、草履のかかとだけが高いものは、傾斜が急になり、無理がかかりますので、前後の傾斜が少ないものが履きやすいでしょう
色・柄の
決め方
着物と同系色にすると、背をスラッと見せる効果があります。また逆に、意識的に系統の違う色で際立てるお洒落も粋な着こなしです。

下駄の種類と選び方

どんな柄にも合わせやすい
落ち着いた黒塗り

現代は草履が主流で、下駄は浴衣などカジュアルな物、裸足に合わせる物とされている感じはありますね。でも、礼装など特別な場合以外は厳密な決まりはないので、足袋をはいて下駄を履くのも素敵なお洒落♪
これを機会に下駄をもっと見直してしてみませんか?
正統派の白木  古風な畳表 シックな焼桐
美しい柾目はやはり心引かれる 落ち着きある品格 粋な江戸小紋などを合わせたい


手の込んだ鎌倉彫 愛らしい朱塗り 個性的な津軽塗り
よく見ると絵柄が続いてるものも
可憐で若々しい印象 民芸調な塗りが注目をよぶ


時雨下駄 竹皮下駄 オーダーメイドお誂え
雨の日に一味違うお足元 高級感溢れる、独特の足触り 世界でたった1つのオリジナル