長襦袢・裏物


長襦袢とは着物と肌着の間に着て着物のすべりをよくし、着物の汚れを防ぐための下着です。
また、振りや袖口からのぞく襦袢は、着物ならではのお洒落を楽しむアイテムでもありますね。


着物に合わせる長襦袢選び

留袖・喪服・ 礼装用には 白い襦袢地 にします。慶弔両用にするのなら、おめでたい地紋は
喪服にはふさわしくないので、どちらにも使える地紋を選びます。
振袖・・・・・ 振袖には長丈の 振袖用長襦袢地 から、着物の色柄にあったものを選びます。
無地やぼかしが普通ですが、絞り染めもあります。
訪問着・・・
付け下げ
準礼装用にはピンクやクリーム色など 淡い色合いの無地 やぼかし をえらびましょう。着物に模様があるので、柄は少な目のものをえらびましょう。
色無地・・・ 色無地はお茶会などに着用することが多いもの。
地紋だけの長襦袢 が適しています。
小紋・紬・・ 街着や普段着感覚の着物には、濃い目の色や小紋柄、反対色など
趣味性の高い柄物 などで、お洒落を楽しむことができます。

礼装用・白 振袖用 淡い色 紬や小紋に♪



長襦袢・季節と素材・仕立て

着物同様、長襦袢も季節によって着分けます。

袷せの着物の季節は、袷や胴抜き仕立て(胴は単衣仕立てで袖が袷せ仕立て)で
  素材は繻子目のある織物、紋綸子 が最適です。正絹ではあと 縮緬(ちりめん) も。
5月、6月は着物より一足早く単衣や薄物の長襦袢を着ることが多く、
  素材なら竪しぼのある 楊柳(ようりゅう)、薄物なら 絽、紗、麻 と涼しげなものを。
7月〜9月前半までは薄物を着ますが、後半は着物同様単衣仕立ての襦袢を着用。
  長襦袢は礼装用・冬物・合いの季節物・夏用と四枚あれば不自由はないと思います。
正絹以外にも、モスリン(毛織物)、ポリエステル などの長襦袢があります。
  洗濯機で洗える合繊のものは、普段着によいでしょう。
  あと、着物が木綿やウールの場合でも、襦袢は適度な滑りがあって
  裾さばきのよい正絹の方がよいでしょう。







綸子 縮緬(ちりめん) 楊柳(ようりゅう)


八掛けの種類と選び方-

装いの楽しみが広がるのが八掛けの選び方。
でも、着物の種類によって選び方にも注意が必要です。
さまざまな柄ゆきが楽しめる小紋や、紬は、八掛けの楽しみが最も味わえるきものです。
着物に合わせ自由に選べる物、これでなければと言うものを把握して選んでみましょう。


共裾・共八掛け・ 表地と同色・同柄らをつける事を共八掛けと言います。
裾にどっしりとした重みが得られるので主に礼装用のきものに。
留袖や訪問着、色無地などは 共八掛け の物がほとんどです。

同色濃淡・・・・ 着物地より淡い色、または濃い色に合わせ、いずれも 着物と同系色 で。
若い方は淡い色を、30代以降は濃い色をえらびましょう。
訪問着、付け下げ、無地、小紋などに。

ぼかし染め・・・・ 薄い色の表地に濃い色の裏をつける時、裏地の色が表に映るのを避けて、
上の部分を淡くぼかして染めた、ぼかしの八掛け を。
白地や、淡い色の無地、訪問着、付け下げなどに。

柄もの・・・・・・・ 小紋柄や刺繍、手描き友禅などの 柄物の八掛け は、
着物地との意外な組み合わせが新鮮です。
無地、縞、江戸小紋などに。

表と柄違い・・・ 表が花柄なら裏は縞(しま)、表が縞なら裏は格子、というように
表裏が違う柄を合わせる方法。
リバーシブル小紋 など


  -- 素材 --
縮緬などの柔らかものの着物には・・・柔らかですべりの良い、精華ちりめん・パレスちりめん
紬の着物には・・・・・・・・・・・・・・・・・・シャッキとした質感の 綾織・駒糸(こまいと)=駒撚糸

正絹両駒紬無地八掛地 潤朱 247
ぼかしの八掛け 綾織・駒糸(こまいと)=駒撚糸 柄の八掛け



胴裏の種類と選び方

胴裏の素材は 羽二重 が主流です。
胴裏が透ける着物には カラー胴裏 も♪
商品説明によく、匁付(もんめつき)・目付という言葉が使われていますね。これは一定の面積の重さで、「胴裏」の製品を表す時に使います。
胴裏を選ぶ際の1つの手段として覚えておくのも良いと思います。
下に着物1枚分の胴裏の重さを、匁付け別に計算してみました。

厚さの目安 匁付け(もんめつき 着物1枚分の重さ(巾:37cm 長さ:8.5m) 
薄め 12匁 150g前後
軽め 14匁 170g前後
普通 16匁 190g前後
重め 18匁 200g前後
厚め 20匁 250g前後
 
お奨めの胴裏
レピア羽二重 (羽二重絹と本耳絹の粋を合わせた優雅な風合い)
疋物胴裏 (着物3枚分の長さで1枚分づつ購入するより経済的)


▲上へ