訪問着・付下げ



訪問着と付下げの違いは・・?

-- 訪問着 --

 生地を裁断して仮に着物の形に縫い上げ、柄を染めます。 
  従ってどんなに複雑な柄でも絵柄が繋がって染めることが可能です。
 売られている時も、仮の着物の形の状態(仮絵羽状態)です。
 そして、八掛が表の生地と共であることがほとんどです
 衿と肩と袖の柄があり、つながっていること、
   感覚的にいえば、「訪問着 」は付け下げよりも派手でめと考えます。
訪問着は留袖、振袖の次に格の高い着物で、未婚、既婚の区別なく着られる準礼装の着物。
全体もしくは肩、裾、袖に模様があるのが特徴です。
訪問着は改まった場所だけでなく、結婚式やパーティー、お茶会等多くの社交的場所に着用できます。

 訪問着     付 下 げ
-- 付下げ --

  生地を裁断しないで、墨打ちと言う目印を生地に書き込み、
   仕立て上げれば絵柄が繋がるだろうと言う計算の元に柄を染めます。
  従って、細かな柄あわせは出来ません。
   ほとんどの場合は模様が縫目をまたがないように柄が出来ています。
  売られている時は、訪問着と違い反物状態です。
  共の八掛けは付いていません。
  感覚的にいえば「付 下 げ」は訪問着よりもおとなしめと考えます。

付下げは訪問着の略式のもので着用できる場所も、披露宴、表彰式、年賀やパーティー等、
訪問着と少しも変わりません。
しかし、華やかさにかけ、少々地味に見えることからも、お茶席等落ち着いた場所に向きます





紬の訪問着はいつ着れば・・?

染め

紬はいくら高価でも普段着だといわれてしまいそう・・。
でも「紬の訪問着」には「染め」と「織り」のふた通りのものがあり、最近は「染め」で柄を表現しているものは訪問着や付け下げに近い感覚となります。
「織り」で柄を表現しているものは紬や小紋に近い感覚となります。
そして柄ゆきも重要で、「染め」の中でも、お洒落感が強いものは普段着感覚となります

織り
   紬の訪問着

着物によくある文様

辻が花文様 絞りを基調とした着物の染めの技法をいいます。柄には特徴があります。
菊花、椿、藤花、丁子などが絞りの手法で白く抜かれ、繊細な墨絵が施されている。
独特で華やかな花柄です。室町後期から、江戸時代初期にかけて流行した。
流水文様 曲がりくねって流れる水を線で表したもの。植物や動物と組合わせたものが多い。
観世水(かんぜみず)は代表的な文様
山水文様 文字通り山や水を含め、自然の風景画を図案化したもの。
ぼかし紋様 一部分だけを無線摺で仕上げたものも。いうなればグラデーションの事。
各文様と共に表現されることが多いが、「ぼかし」のみの訪問着もよくある

辻が花文様 流水文様 山水文様 ぼかし





雲取り文様 クラシカルでしかも拡張の高い模様構成法の一つ。雲の面白い形を曲線で表し、
その周辺に草花をあしらって文様づけに変化をあらわしたもの。
扇面文様 扇面ちらしとも呼ばれるように、多くの扇形の中に色の違った紋様を適当に
置いたもので、振袖などにも多く用いられます。
茶屋辻文様 草花および風景などを線描きや濃淡であらわした模様。
露芝文様 眉のような三日月形の芝草の文様。水玉を組み合わせた文様も多い。

雲取文様 扇面文様 茶屋辻文様 露芝文様




吉祥文様(きっしょうもんよう)

 吉祥文様 吉祥とは「良い・兆し・めでたい印」という意味です。
「おめでたい」ことを意味する文様のことを吉祥文様いいます。
振袖・留袖・訪問着など、お祝い事に着る着物多くあります
 松竹梅  宝尽くし  鳳凰      


  仕立て・加工・メンテナンス
お仕立て(国内手縫い)
お仕立て(ハイテクミシン)
サイズ直し
丸洗い
湯のし
洗い張り

ガード加工
紋入れ
帯・仕立て/加工
 

▲上に戻る