帯は生地、仕立て方、柄位置等により、いくつかに分ける事ができます。   
 
そして、お着物との組合せ方やTPOにも、約束事があります。
自由なお洒落感覚とは別に、正式な場での決まり事も知っておくといいですね。



1、生地による分類 (織り帯と染め帯)

織りの帯 ・・・染め帯より格上で、染めの着物に合わせるとされる。

格調高い文様の、二重太鼓に結べる袋帯がフォーマル用。
紬やすくい織りの名古屋帯などはカジュアルに小紋や紬に合わせて使用します。

 錦 織 り  唐 織 り  綴 れ 織 り
 佐 賀 錦 織 り  博 多 織 り  す く い 織 り





 錦 織  唐 織  綴れ織り



佐賀錦織り   博多織  すくい織り


染めの帯 ・・・織り帯より格下で、織りの着物に合わせるとされる。

白生地に地色や模様を染めた帯。一般的にお洒落・普段着用。
まれに、礼装用や準礼装用として格調高い柄付けのものを袋帯に仕立てることもある

染めの種類

 友 禅 染 め  ろうけつ 染 め  草 木 染 め  絞 り
染めの生地
 塩 瀬  縮 緬  紋 綸 子  


 


 友禅染め  ろうけつ染め  草木染め



 塩 瀬  縮 緬 夏用 絽 







2、形態による分類

帯はその形態・仕立て方によっても分類されます。着物とのつり合いやTPOなどによって選択する。
丸帯・・・ 普通の帯の2倍の幅があり、裏表に柄がある。花嫁衣裳など、第一礼装用
袋帯・・・ 袋状のに織られたものと、裏表を別々織り縫い合わせた物がある。裏は無地。
振袖、訪問着など正装用だがおしゃれ用もある。
名古屋帯・・ セミフォーマルからカジュアルまで、幅広く使える帯。
帯地は九寸幅で、反物のように売られています。
たれにする部分を1mほど折り返してお太鼓にし、手先から胴2周り分を半分の幅に折って、中に帯芯を入れて仕立てます。
付け下げ、小紋、紬など略式用。金銀糸が入った格調高いものは色無地にも。
袋名古屋帯 八寸帯とも呼ばれ、袋帯と名古屋帯の長所を取り入れたもの。
地厚の帯地を八寸幅に織ったもので、仕立てるとき帯芯を入れる必要がありません。
たれの部分を1mほど折り返しお太鼓部分をしっかりとさせます。
綴れ織りなどの格調あるものは訪問着にも合わせます。
半 幅 帯・・・・ 帯幅が全体に半幅に仕立ててある帯。浴衣、小紋、ウールなど普段着用。
昼夜帯 表裏を別々の生地で縫い合わせた帯)
 付け帯/結び帯 胴巻き部分と結び部分を別々に仕立てた簡略な帯。
 角 帯・・・・・ 角帯とは、男帯の一種。男子正装用。
女帯のように帯芯を入れ、10cm内外の幅に仕立てたもの。

 


丸帯  袋帯 名古屋帯




 

半幅帯 付け帯(結び帯) 角帯

▲このページの上に戻る